FC2ブログ
2007.10.26

木島平XCレポ(その3)

ロングなレポート読んでいただいてありがとうございます。
今回はなんとか最後まで書けそうです(笑)




2度目のケヤキの森。
今度はゴールゲートはくぐらずに公園のわきを通過して
馬曲温泉へと続くのぼり区間へと入っていきます。

なんとなく疲れが溜まってきている感じがしたので、
フィードはないけどちょっと補給しておこうかな?
桜の木の下の大きな岩をテーブルにして(笑)
カーボショッツと白い粉、それから干し梅を食べました。

この先まだまだ長いけど、このまま行けば完走はできるかな~
そんな淡い期待を胸に抱きながら・・

 
  それにしても、この干し梅、かたいな~



つづきはこちら↓
毎度、長くてスミマセン(笑)





しかし!事態は急変しました!!

目の前を見覚えのある選手が通過したのです。
スタート前に少しだけお話しをさせていただいた・・


女子選手です!!あわわわわ。


まずいっ、やばいっ、早く行かなきゃっ
ここでいきなり「順位」とゆーものが気になりはじめました。
(遅すぎますから~)



でもどうしたらいいんだろう?
自分なりに作戦を練ってみる。

この先はまだまだ長い→
最初っから全力で走ったらおそらく後半バテてしまう→
あまり離されないようにずっと後ろをついていって→
願わくば最後のほうで?!

なんて。
まるでスポーツ選手のようなカッチョイイ(?)作戦を企てて
勝手にドキドキしていたら、



うっかり先行してしまいました。
(きゃ~)


のぼりの前半は舗装の道。
田んぼのあいだをすり抜けてジワジワとのぼって行き
その後、静かな山あいの道へと変わっていきます。
本番ではそんな余裕はありませんでしたが、
途中振り向いて見下ろすと棚田の景色がとてもきれいなところです♪

途中からダートののぼりに変わります。
走りにくくはないのですが、そろそろ脚も疲れているので
「まだだったかな~」なんとなく長く感じました。

(先ほどの女子の選手はここでは少し後ろのほう)

そしてやっとこさっとこダートが終わると
お待ちかね~?の押し(ちょっと担ぎあり)セクション。
なぜかニヤけてしまうのはなにか悪いビョーキでしょうか?(笑)

鬱蒼とした森の中、
植林帯の作業道のようなところをノシノシと押して行きます。と・・

 ♪海はよ~ 海は~よ~ おやじの海は~~よ~~~♪

いきなり演歌が聞こえてきたのでビックリ!!
そういえば今日は馬曲温泉のお祭りの日なんでした!

レースの途中で、一人でこんな森の中で、今のこの状況で、

演歌って(笑)
チグハグな感じがみょうに笑えました。

で、レースの続き。
ここは途中、乗れる下りなんかもあって現実的で楽しい♪
と思っていたら最後は道が細~くなって
チャリ担いで歩きながらズリ落ちそうになりました。

そんな風にして温泉の真上にヒョッコリ出て(笑)

さていよいよゴールを目指すのですが・・
まだまだいろいろあるんですよね~



下りはじめは広い舗装路(車で温泉へ行くときに使う道)。
ヒュ~なんて気持ち良く下って行くといきなり左への矢印があります。
戻るかたちで簡易舗装の急登。のぼった先を右に曲がると
ちょっとのあいだだけフラットなダート。

じつは夏に試走にきたときにこのあたりでも思いっきり迷子になりました。
畑の中の矢印がどうしても見つけられなくて何度も往復したところ。
木陰でおむすび頬ばりながら一人途方に暮れていたのを(笑)
ちょっと懐かしく感じながら通過しました。

ススキがきれいな畑のあいだの道を下って行くと
あれ~どこ入ってっちゃうのーって感じの矢印があったり
なんでこんなとこ這いのぼるのーって感じの場所があったり

そして用水路脇の道。
左は細い用水路、右は切れ落ちているので危険。
で、まん中はとても広いとは言えないシングル。
時々小さな障害物もあったりしてなにげにプレッシャーのかかる道。

 

たしかこのあたりだったと思います。
先ほどの女子選手に追いつかれてしまいました。


こんなところで?!どうしよう?!
この先どうなってたんだっけ?
頭の中でグルグル回想。

あ~そうだ。。たしか『危険』の看板が・・



案の定『危険』箇所が登場、そして・・

私が一瞬ひるんでいる隙にスパッと先行されてしまいました。
その先の段差を華麗に駆け下りる彼女。
(かっこいい~~)
って、見とれてる場合ぢゃありません!
私も後からあわてて追従。

このあとゴールまではあとわずか。
やれることはただ一つ。とにかく全力で追いかけます。

もう一つの『危険』箇所。
小さな木の橋をホイっと渡って、クリートはめたらあとは舗装路。

時々チラリと振り向きながら先を行く彼女。
それを必死に追いかける私。

だんだんゴールが近づいてくる。
でもどうしても追いつけない。

小さな橋のところで左折。
もうこのあとは抜けるとしたらあそこしかない!!
一瞬幅が広くなる桜の街道、あそこだけ。



そして桜の木の下のきれいな緑の芝の道・・
やっぱり順位は変わりませんでした。

ゴール手前は必死の思いでダンシングするも
追いつけず。


 あーダメだった。負けちゃった。。



なぁんて。
最後の最後だけやけにドラマティックな展開になっちゃったりして(笑)

その時はいっちょ前に悔しがったりしましたが
(そんな立場じゃないんですけどねー)
今思うとものすごく楽しかったです♪ゴール手前のスプリント(?)
まさかあんな風にゴールゲートをくぐるなんて、
夢にも思ってなかったもので(笑)



ゴールした瞬間「おめでと~」って駆けつけてくれる
みんなの笑顔、笑顔、笑顔。


お待たせしました!
りんごばっかり食べててすみませんでした~~~(笑)


この記事へのコメント
すごい!

スプリント勝負、見たかったな~!!

今度から押し担ぎにはおやじの海でいきますhttp://blog43.fc2.com/image/icon/i/F9A7.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
Posted by まさ at 2007.10.27 22:54 | 編集
是非是非おやじの海でいっちゃってくださいまし(笑)

そーいえば、いのさんがよく、
「与作」歌ってたよね~v-285山の中で!!
Posted by み at 2007.10.27 23:46 | 編集
お疲れ様でした。
レポ楽しく読まさせていただきました。
XCレース とても楽しそうですね。
ブンブンブン…首を横に振る音(これ気にいってますi-278
いやいや そんな甘いものではない事は判っています。
ラストのデッドヒート盛り上がって読みましたよ。悔しいi-238
次のレース 頑張ってくださいね! 





Posted by ニコ at 2007.10.28 03:13 | 編集
なんが~~~~~~~いレポートを
根気よく読んでくださってありがとうございます!

木島平はMTBのいろんな面白さがギュっと
凝縮されているような、そんな感じのイベントでした。
乗車率はかなり低いんですけど
とても楽しかったです(笑)

最後だけ、急に鼻息荒くなっちゃってv-355
なんだかお恥ずかしいですね~i-229



Posted by み at 2007.10.28 22:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する