FC2ブログ
2007.10.24

木島平XCレポ(その1)

えっときのうの続きです。




そんなわけで午前7時、
いっせいにケヤキの森公園をスタートしました。
最初しばらくは舗装路をそのあとまたしばらくの間はダートの林道を走ります。
気温は3度。
ひとたび走り出せば半袖&レーパンだけでも特に寒く感じることはありませんでしたが
(皮下脂肪いっぱい付いてるも~ん(笑))
ただ、つま先だけはダメでした。
もうすっかりシビレちゃってて全く感覚がありません。
それにカラダも重たい感じ。
最初の30分はだいたいいつもそうだけど今回はなんかイヤな予感が。

  大丈夫かなー。。

なんだか不安になってきました。

そうこうするうちシングルの下りに突入。
木島平のコースの中ではとても貴重な「乗れる」シングル(笑)
楽しみたいけど前にも後ろにも人がいるのでちょっと緊張。。


つづきはコチラ↓↓
(長いです。長いんですけど・・あんまり面白くありません(笑))
一度町にでたあとに現れるのはちょっと薄暗い感じのシングル(今度は上り)
ここからは予定通りにぜ~んぶ「押し」で行かせていただくことに(笑)
5~6人が列になってヒタヒタと進んでいきます。
速いペースでは進めないので、その分呼吸が少し楽に♪
そーゆー意味で、この押しのぼりはけっこう好きな場所だったりします(笑)



写真はレース3日前のもの。
この赤い実はなんでしょう??

シングルから一度舗装路へ出ます。
出口のところはちょっと急な上り坂。
でもその先にはおじさんが笑顔で見守ってくれているので
必要以上にハリキっちゃったりなんかして(笑)

舗装路をしばらく上るとやまびこの丘の第一フィード。
ここまでのタイムは予想どおりでした。
ジェル一個と白い粉を補給。
リンゴを2切れいただいて(おいち~♪)
トイレをお借りしてからスタート。
このあとは今年は一度も試走してないセクションなので、
なんとなくワクワクしてきました。(ええええ?!)

まずはゲレンデの登り。
だだっ広~いゲレンデを真っすぐ上に向かってノボル(笑)
乗っていく人もいましたが(すごい!)私はここも「全押し」です。
速く進むことはできないので一定のリズムを保ってタンタンと、
次にやってくる「あれ」に備えてなるべく体力温存作戦。

それにしても上を見ても、下を見ても、人の列!
「まるで修行みたいですねー」って、ほんと、そんな感じでした(笑)

そしてそれが終わるころ、
「いよいよですねー」「来ちゃいましたねー」
そんな会話を交わしながらお助け峠の入り口に到着。
担ぎやすいポジションまでサドルを下げて、と。

目の前に現れたのは銀色の鉄の橋。
一度渡ってしまったらもう二度と戻れない、、、
不吉な銀色の、、その橋を(笑)

うああああ~渡ってしまいましたヨ。
きええええ~


去年はこのお助け峠、たっぷり1時間半かかりました。
とても暑い日だったこと(たしか真夏日だった)と
レースの後半のだいぶ疲れている頃にこの峠が現れたこと。
それを思うとまだまだ元気な今の状態ならもう少し早く通過できるハズ?!
よしっ
 
 ゆっくりでもいいからなるべく休まず一気に行こう大作戦!!
 
さぁて、ボチボチ行きますかー





いや~やっぱりキツかったです、今回も。
特に最後の方は岩につかまってよじ登ったり、
よじ登ろうとしてズリ落ちそうになってみたり
目の前の人がズリ落ちてきたり(笑)

それでもお助けボーイズ&ガールズのみなさんにも
お手伝いしてもらったりして、
(みなさんありがとうございましたー)
今年はなんと、約50分で通過することができました。

 これはもしかして完走も夢じゃない・・んじぁない??

ちょっとだけ希望の光が見えてきました。
でもまずは木道の担ぎ下ろし(笑)

そのあとは、あれあれ?
去年は14型カラーテレビみたいな大きな石がゴロゴロ転がってて
なかなか乗ることができなかった場所が、
だいぶ整備していただいたのでしょうか?
ずいぶんきれいになってました(感謝!)

お、なんとか乗れちゃいそうです♪
ゆっくりでいいから丁寧に、一つ、一つ地味~にクリアしていきます。
ムズカシーけどオモシロイ♪延々続くつづらの下り。
オモシロイけど、けっこうツカレル・・
なかなか終わらないつづらの下り。

 はー終わった。疲れた~

で、平和な感じの場所に出て、続きましては
私の苦手なゲレンデチョッカリスピードコース。
でも今回は「視線は遠くへ」を心がけるようにしたら、
なんとなくいい感じで下ることができました。

一瞬舗装路に出て、そのあとのダートとそして
田んぼのまわりをグルリをまわるこのあたりは、
今回のコースの中で私の一番好きな場所デス。
気持ちよ~く走りぬけて交流センターに到着。

あ、交流センターの入り口で手を振ってくださっていた小さいおばあさん。
とっても可愛らしい方でしたねー♪

ここでまたリンゴをご馳走になって(あま~い♪)
それからまた町の中をたくさん走って、、

このあいだも書きましたが地元の方たちの応援が
もう、ほんっと~~~~にうれしくて♪
何時間も同じ場所にいるのはさぞかし大変だったんじゃないかと、、
わりと日差しも強かったですし、、
本当にありがとうございましたー

で、ケヤキの森公園に戻って、
ここでやっと一周目が終わります。

(って、長すぎやしまへんかい??)











この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する