FC2ブログ
2007.01.06

落ち葉のラッセル




山頂へのアプローチには2つの方法が考えられました。

ひとつは100%乗車出来そうな林道をひたすらのぼる。
もうひとつは林道+沢渡り+担ぎ上げの盛り合わせ♪

今回は2つ目の方法を選びました。
最後のほうは火曜トレハンでやったところなので
なんとなく雰囲気がわかっていたのと、それに・・

単にそーゆーのが好きだから(笑)



道路沿いに車をデポしてスタート。
と、その直後にいきなり崩落箇所が現れ、

 えええ!!

でもどうやら最近のものではないみたい。
歩いて越えられるように整備されていたのでなんとか無事にクリア。
(あーびっくりした

舗装部分は思いのほか短くあっという間にダートに突入。
ゴツゴツ固い霜柱にタイヤをとられてヨロめいたりするものの
とても気持ちのイイ沢沿いのフラットダートです♪

 ここ、いいねー♪ 快適快適♪

でもそれも束の間。
だんだんと王滝チックになってきて最後のほうは無言でペダルをまわしてました。

そして林道の終点に到着。
何度か渡渉をくりかえしながら沢に沿って登って行きます。
沢の脇には落ち葉がたくさん溜まっていて
深いところでは膝くらいまでありました。

 落ち葉のラッセル

20070106222915.jpg


で、最後はガツンと担ぎあげてゴール。
見覚えのある駐車場にいつもとは逆の方からたどり着く・・・
それがなんだかオモシロイ





つづきはこちらです


1時間ほどのんびり休憩したあと
いよいよ未知のルートへ。


 長いよー


とはお聞きしていましたが、ほんとに長かったです。

最初のほうで一度迷ってしまったのでその部分はわからないのですが
ほとんどが乗車可能な快適な道でした。

ドロップなし。ガレ場なし。激スイッチなし。
倒木多数。枝の張り出し多数。薮少々。霜柱少々。

な感じ?

ただですねー
狭いんですよ、どこもかしこも、、、

キャンバーって言うんでしたっけ?
ひたすらひたすら崖っぷちの道(笑)それがず~~~~~~っと続きます。

下り基調だけど、ところどころに上りっ返しもあったりして
じつはけっこう燃焼系だったりするし

最後だけちょっと雰囲気が変わってバンクやスイッチも登場して、
それを気持ちよく下っていくといつのまにか終点の神社に到着してました。

 やったー!!
 
あとは車のところまで舗装路をしばらく上ってゴール。

 


 う~お腹空いた~~~ さ♪しゃもしゃも♪

20070106222906.jpg


とまぁ、こんな感じで走ってきたわけですが、

先月走ったコースとは、また違った雰囲気の今回のコース。
想像ともぜんぜん違っていたのでビックリでした。





山頂から見えた2つ並んだトンガリ山は磐梯山と安達太良山?
それとも違う山だったのかなぁ・・

はて・・??

この記事へのトラックバックURL
http://snowmtb.blog43.fc2.com/tb.php/375-94b3deda
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する