--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.12.02

よく効きます


木曜日に梁川駅から四方津駅まで歩いてきました。

 

駅で降りたのはわたし、たったひとりダケ。あらら、なんだか寂しい感じ・・w
パスモをピッして、改札抜けて、誰も居ない待合室でとりあえず・・
缶コーヒーを飲みました。 ←寝ぼけ覚まし

DSCN7002.jpg 

登山口まではしばらくのあいだ舗装路を歩きます。
この道を歩くのはもう3回目。

はじめて来たとき、ここでジョウビタキが囀っていたんだよなぁ~
2回目に来たとき、ここにジュウニヒトエがたくさん咲いてたんだよなぁ~

いろんなコトを思いだします♪

DSCN7016.jpg 

大好きな月夜根沢沿いの道を歩くと
立派な巨木、トチの樹が、沢の向こうにも、こちらにも。

DSCN7033.jpg 

落ち着く~~♪
毎日の、都会の喧騒、うそのよう。

DSCN7039.jpg 

立野峠の道標がピカピカになっていました。
前回来たときナナフシの赤ちゃんが居たところ。

このすぐ先に楽しみにしていたことがあったのですが・・・
この日は暖かったので、残念ながらボツでした。

DSCN7059.jpg 

とはいえ、楽しい尾根歩き♪

DSCN7069.jpg 

ふと立ち止まって見上げると、大きな雲が悠々と流れていました。

DSCN7078.jpg 

今回はベーシックタイプなりw


DSCN7096.jpg  

細かいアップダウンを繰り返す尾根道で

DSCN7093.jpg

思いがけず出会えた可憐な白い花♪
 
DSCN7097.jpg 

コウヤボウキのフサフサがたくさん見られたあたりでは、

DSCN7089.jpg 

生成色の小さい蝶がハラハラと舞っていました♪

枯れ葉がハラハラ舞い降りてくる中で、この小さな蝶が不意に地面から舞いあがると、
一瞬「あれ?」って思うんです。

蝶じゃなくて、もしかしたら蛾の仲間?・・なのかな???

DSCN7105.jpg 

さらにアップダウンを繰り返して
高柄山までやってきました。

 草臥れた~ だけど空がトッテモきれい!
誰もいない山頂で風に吹かれてひとやすみ。


そして下りに選んだのは千足沢沿いの道。
はじめのうちはザレた九十九折れだけど、そのうちに沢に寄り沿うようになっていきます。

DSCN7109.jpg 

なめ~

DSCN7111_201311292240101b5.jpg 

そんでもって、気が付いたら山道は終了~

DSCN7118_20131129224010a2a.jpg 

民家のわきを通ります。とても雰囲気のよいところ。
どこのお家にも軒先には吊るし柿がありました。
 
DSCN7125.jpg 

そしてこの橋を渡ったら四方津駅まではもう少し。
ホームで電車を待つあいだ、また、ミルクティーを飲みましたw


私の職場は今がちょうど繁忙期。毎日バタバタしています(汗)
その毎日と、山で過ごす緩やかな時間のギャップが激しくて・・w

リフレッシュ? デトックス?
いえいえ、もっと。それ以上。

大変なのは、あとひと月!よし、がんばれる。がんばろう。



この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。