--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.11.15

一週間後に、また笹子 ~お坊山南東尾根~

DSCN6843.jpg

その1週間後。
気づけばまた笹子駅のホームに立っている私が居ましたw

今回のおめあてはお坊山の南東尾根。
駅を起点にグルっとまわって戻ってくるコースです。


 

国道をとことこ歩いて、ここまでは前回と同じ道。
案内図通りにここを左へ曲がります。

DSCN6747.jpg 

まぶしい朝の光に目をシバシバさせながら、高速のわきを少し歩いて

DSCN6754.jpg 

トンネルくぐれば、その先に、レトロな雰囲気の道しるべ。

このあとに現れる登山道への取り付き地点は
確かに確かに、「え?ここが?」って感じでしたw
下調べをしてなかったら、きっとわからなかったかも・・・

DSCN6761.jpg 

最初の斜面を登った先には真っ赤なモミジがお出迎え♪

 

踏み跡が交差する急な斜面をピンクテープをたよりに進んで行くと、
ほどなくブリキ?の案内板が現れて、その先道は緩やかに。

ひんやりとした朝の空気に包まれながら、
気分良く歩いていると、

DSCN6775.jpg

こんな風景が目に飛び込んできました。
数年前に山火事があったそうです。

黒く焼け焦げた木がたくさんあって
物悲しい雰囲気のする場所でした。

DSCN6794.jpg 

その先は、こんな感じの幅の広~い落ち葉の道♪
道というより「広場」を歩いているような・・?
斜度のついた、斜めの「広場」が延々と続きますw

「ケーン!!」

大きな鹿が走って逃げて行きました。
白いお尻がとても印象的でした。

DSCN6799.jpg 

まっかだな~♪ まっかだな~♪

DSCN6805.jpg 

と、鼻歌まじりに、入道山に到着するとー
立派な山頂標識にびっくり。。思わず撫でてしまったりw

DSCN6811_20131114233239390.jpg 

木々のあいだから、先週登った滝子山が見えました♪

DSCN6820.jpg

先週の、寂しょう尾根も良かったけれど、だだっ広いこちらの尾根もまたステキ♪
今週もまた「いいな~」を連発してます。顔がゆるみっぱなしですw

DSCN6817.jpg 

ぶなの黄葉。びゅーてぃふる♪

DSCN6824.jpg 

うん。新緑のころにまた来よう。

DSCN6807.jpg 

森のひとこま。

DSCN6829.jpg 

そーこーするうちに、タナホラ山に到着~

DSCN6836.jpg 

標高1201m。
パラボラ山ではありません。

DSCN6841.jpg 

これから向かうお坊山のトンガリ。

 
DSCN6853_20131114233456a68.jpg 

このあたり。道がわかりづらいところがありました。
大きなストロークでぐわ~ん、ぐわ~んと九十九折れの道がつけられているのですが、
それ以外にも踏み跡多数。

直登してもよかったのかもしれないけれど、
今回は、ぐわ~ん、ぐわ~んをトレースしました。

DSCN6856.jpg 

そして、滝子山がこんな風に見えてきたら
お坊山まではあとちょっと。


つづく。



この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。