--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.09.26

稜線は笑顔でいっぱい~朝日岳・雪倉岳その2~




さてさて2日目。木曜日。

同室の方を起こしてしまわないように、そ~っとそ~っと部屋を出て、
(ヘッデンを使わずに手探りで布団を畳むの、おもしろい♪)

小屋のご主人(清水さん)の元気な笑顔に見送られ、4時20分に出発しました。


 

いいところでした。朝日小屋。

来年きっと、また、来よう。

DSCN4795.jpg 

山頂に到着したら
パン&コーヒーをいただきながらご来光を待ちまっしょい。

DSCN4816.jpg 

いよいよ、お出まし!
シルエットは朝日小屋のスタッフさんです。

DSCN4824.jpg 

ふわっと周辺が明るくなる。大好きな時間。
剱岳もやんわり、穏やかな表情。

DSCN4840.jpg 

山頂で1時間ほどのんびりしたら、いよいよ歩き始めます。
やわらかな朝の光に、とっぷりと包まれながら。

朝靄の中から現れた雪倉岳が大きい。

DSCN4854.jpg 

水平道との合流地点をめざしてまずは下ります。
バイケイソウの大群落!
花が終わってしまっても、これはこれできれいデスね~


DSCN4860.jpg 

小桜ヶ原にやってくると、足もとの葉っぱに霜が。

DSCN4866_20130926230444787.jpg 

木道は、この日もかな~りスリッピー。
一か所とくに凍っているところがあって、1枚の板の上で3回も滑って、ヒヤリ!!

「ナ・・ナイス、リカバリー。。。」
思わず自分を褒めてしまったw

DSCN4861_20130926230443e2f.jpg 

なんとなくクリスタル。

DSCN4871.jpg 

突然目のまえに現れる、巨大な岩は、燕岩。

DSCN4881.jpg 

さらに進んで、振り返ってみたところ。中央に写っているのが燕岩。

このさき雪倉岳まではずーっと登りが続くのですが、

DSCN4883_20130926230440aaf.jpg 

風がひんやりしていて、気持ちよ~く進むことができました。

DSCN4892.jpg 

どんどんどんどん登っております。

まんまるいのが朝日岳。
その左に肉眼では朝日小屋も見えていました。

 
DSCN4896.jpg 

雪倉池が見えました。
池に通じる登山道はありません。

人が踏み入ることのない、池のほとりにはたくさんの、
生きものたちがいるんだろうなぁ。(想像中)

DSCN4912.jpg 

よいしょっ。こらしょっ。着きました。雪倉岳。
この山の存在を知ったときから、その美しい名前の響きに魅かれてました。

山頂は、「ここが山頂?」と疑ってしまうくらいに、のっぺりとしています。
ここでまた30分ほど休憩しました。
 
ボリボリボリボリ。。 ←また食べてる

DSCN4930.jpg 

そして、その先に待っていたのは、この景色!!

素晴らしく晴れたこんな日に、こんな景色を見ることができるなんて!
そんでもって、今からここを、ずっと歩いて行けるなんて!
もう、なんだか、申し訳ございません!!

DSCN4934_2013092623071925e.jpg 

避難小屋までまずは下って~

DSCN4954.jpg 

鉢ヶ岳のピークは巻き巻き。

DSCN4971.jpg 

もうすぐ稜線。
あおいそらと、しろいすな。

DSCN4972.jpg 

三国境。
歩いてきた道。朝日小屋はずいぶん遠くに。
もっと遠くには、街も海も見えてます。

稜線に出た途端人と出会うようになりました。
「いい天気ですね!」「最高ですね!」 100%みなさん笑顔♪

「俺は日ごろの行いがいいからな~ ガハハハハー」 ←おっと、出ました18番!

なぁんて人もいたりしてw 

DSCN4989.jpg 

白馬岳の向こうに見えるは剱岳。
ずっと奥には白山がぽっかりと浮かんでいます。

DSCN4993.jpg 

白馬岳に到着。
去年はここで山荘のアルバイトの女の子と写真の撮りっこ、したっけなぁ~

DSCN5000.jpg 

杓子岳、白馬鑓ヶ岳、その先ず~~っと、見えてる。すごい♪

白馬山荘の前のベンチでカルピスウォーターを飲みほしたら
それからそのもう少し先にある頂上宿舎にチェックイン。

DSCN5008.jpg 

すてきな部屋に案内していただきました。

夜になると、この窓からは
キラキラ瞬く街の灯りとオリオン座がよく見えました。

DSCN5023.jpg 

白馬山荘(上)と白馬頂上宿舎(下)の位置関係。
この日、テン場はアウトドアメーカーの団体さんがいらしてて、とても賑わっていました。

DSCN5024.jpg 

一息ついたらカメラを持って、丸山へ。
丸山は絶好の「のんびり処」。

景色をながめたり、イワヒバリが飛んで行くのをながめたり、
かなりの時間、ここでまったりしてました。

DSCN5039.jpg 

あとからやって来た人が「ここから見る夕日もいいらしいですよ!」
そう、教えてくれたので、

部屋にダウンと手袋を取りに行って

DSCN5049.jpg 

よっこらしょ。
 もう一度戻ってきました。
・・どんだけここが好きなんだw

アーベントロートに染まる杓子&白馬鑓ヶ岳。

DSCN5056.jpg 

やっぱり来てよかった。。。。 そして、

DSCN5068.jpg 

空にはまぁるいお月さま。




つづく



この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。