--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.09.07

雨の予報は大当たり ~五郎岳to五郎岳 その1~


などと言いつつ、さっそく更新してみたり。。。w


 


一日目。
天気予報は雨マーク。

この日はブナ立尾根で稜線にあがって、そこから野口五郎小屋まで
前回とほぼ同じ道を歩きました。

先月歩いたばかりなので多少の雨なら心配ないかな?
という、そんな甘い考えと、

それと、北アに行くなら是非もう一度、野口五郎小屋に泊まりたい!!
という、そんな強い想いもあってw
こちら側から山に入ることに決めたのでした。



ザックのサイズはいつもと変わらないけれど、
今回は予備も入れると5日分の着替えやら食糧やらが入っているので
ずっしり重くて、なかなか大変。

ときどき休憩を入れながらのんびりと登って行きます。

DSCN3663.jpg 

草花たちは少しずつ秋の装いに衣替え


DSCN3674.jpg 

烏帽子小屋までやってきました。
またしても、カップヌードル食べてしまったw

このときはまだ青空が広がってたんです♪ このときは・・w

DSCN3693.jpg 

三ツ岳のあたりでいよいよ降ってきちゃいました。

うーむ、予報が当たったか。。。
カッパ着て、歩き出します。

紅く染まったウラシマツツジが創りだす独特の縞模様♪


 
DSCN3712.jpg 

歌舞伎・・・チック?!

DSCN3726.jpg 

水晶岳(黒岳)は、その名のとおり、黒々と輝いていました。
明日の朝、あそこまで行けるかなー

DSCN3704_20130907192637417.jpg

灰色の空がズッシリと重たそうな野口五郎岳。
このあたりからいよいよ本降りになってきました。

ボツボツ ボツボツ

フードに当たる雨音もだんだん強くなってきました。


DSCN3724.jpg 

と、

じょりじょり、じゅりじゅり、

なにか聞きなれない音がするので、いったいなんの音だろう?と
あたりを見回してみると、

足元の砂地が大粒の雨を受けとめて、ざわめいている音でした。

じょりじょり、じゅりじゅり、
街では聞いたコトのない、はじめての音でした。

DSCN3728.jpg 

赤と紅。

DSCN3734_201309071928198ab.jpg 

小屋に到着しました♪
4週間ぶりの再訪デス。

あの日、小屋の前のベンチは明るい笑顔で溢れてたけど
今回はこんなお天気なので閑散としています。

そーっと戸を開け、中に入ると、
小屋のお母さんが優しい笑顔で迎えてくださいました。



奥から出ていらっしゃったご主人&息子さんも
私のことを覚えていてくださって

ストーブを囲んで
おいしいブドウ&お茶をご馳走になったり、

そのあと自炊室でひとりごそごそ、やってたら、
(宿泊者はわたしひとりだけ)
「おいでよ 一緒にやりましょうよ」って、
呼びに来てくださって、

寝るときには
「暖かくしてね 寒かったら布団たくさん使ってね」
なんて、みなさんそれぞれ気づかってくださって。

なんというか、もう、
こんなによくしていただいて、いいんだろうか?と
心配になっちゃうくらい、それくらい
野口五郎小屋のみなさんは温かくてとても優しい方たちなのです。



夜は風が強かったけど、
おかげでぐっすり眠るコトができました。

それにしても、、
みなさんとのおしゃべり楽しかったなぁ~
ますますファンになっちゃいました。
今度はいつ行けるかなw



雨予報の2日目へとつづきます


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。