--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.07.27

この小屋はたいへん古い小屋ですので・・ ~早川尾根その3~



次にやってくる早川尾根の頭は目立たないピーク。
三角点がなかったら、きっと素通りしてしまいます。

そこから小屋はすぐでした。
 
DSCN2506.jpg 

ワンワン!! ワンワンワン!! 
わーわわわー、わかった、わかった。吠えないで~~w

かわいいワンコが出迎えてくれました♪

時刻はたしか、1時半頃だったかな?
ザックを下ろして受付を済ませ、冷たい麦茶をご馳走になりました♪

DSCN2518.jpg 

早川尾根小屋はこじんまりとした創り。
土間を囲むように、コの字型に畳がぐるりと敷かれています。

この小屋はご夫婦で管理されているのですが、

たとえば、食事の時間のあとに宿泊者の布団を敷いてくださったときの
スピード&手際の良さに感動したり、

その毛布がとても温かくってビックリしたり
(日中、ブルーシートで覆っておくことで温かさを逃がさないように工夫しているみたいです)

「この小屋は昔ながらのたいへん古い小屋ですので、ねずみが出ます!
食糧はしっかりしまってください。そうしないと必ず食べられてしまいますので!」

と言われて、みんな、あわあわしたりw
(実際にはねずみは登場しませんでした)

それからこんなコトもありました。

夕食の時間に外のテント場でひとり、冷たい風に当たっていたら
(またまたいつもの高山病)
「よろしかったら召しあがりませんか?」
奥さまが温かいお味噌汁を持ってきてくださいました。
素泊まりなのに・・本当にありがたい話です。

そのあとに体調が回復して、
同宿の14人グループさんと楽しい時間を過ごすことができたのも
たぶん、あのお味噌汁のおかげなんです。
いや~、話せば長くなっちゃいますが(もう充分長いッス。。)
とても魅力的な管理人さん&山小屋でした。



夜は17時に就寝←過去最速w
疲れていたけどなかなか寝つけなかったので

「あのうねりの中の1点に、この小屋は建っていて、
その中でいま、自分はこうして横たわっているんだなぁ」

そんなことをぼんやりと考えたりしてました。



翌朝は4時起床。この日も予報は曇り&雨ということで
あんまり期待は出来ません。

5時ちょっと過ぎ。
団体さんと小屋の管理人さんにご挨拶をして出発しました。
今日はいちおう南御室小屋まで行く予定。

ここから白鳳峠までは朝の散歩にぴったり♪という感じの
とても気持ちのいい快適なトレイルが続きます。


DSCN2535.jpg 
あれ~、青空、見えてる。そして、


DSCN2530.jpg 
少しずつ森を照らし始めるやわらかな、やさしい光。

DSCN2543.jpg 
きれいだなー

DSCN2549.jpg 
歩いてきた尾根。光と影のコントラストがおもしろい。

DSCN2557.jpg 
日焼け止め、塗っといてよかったーw

DSCN2567.jpg 
ぽっかり浮かぶは、ヤツガタケアイランド。

DSCN2571.jpg 
オベリスクが見えてきました。手前にある大きなピークが高嶺かな?

DSCN2574_20130724211858.jpg 
ここからの、北岳、きれい♪ 今年は雪が多いみたいです。

DSCN2580.jpg 
えーと、、その、、なで肩ですか?




すみません。今日はここまで。
まだつづきます(汗)


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。