--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.07.16

くつろぎ上手? ~常念ツバクロ大天井~



このあいだの木&金曜日。常念岳から燕岳まで歩いてきました♪


行きたい山は決まったけれど、どこから登ってどこに降りるか。
車はどこに停めておくか・・それでけっこう悩みました。


で、選んだのが、

初日はしゃくなげ荘の登山者用駐車場に車を停めて、
そこからタクシーで三股の登山口へ。
翌日は中房温泉に下山後、バスでしゃくなげ荘へ戻る。 というプラン。

登りに前常念岳経由のルートを選んだのは、
2年前に登った道をもう一度歩いてみたいと思ったから。


朝、5時前。現地に着いて身支度を整えていると、
前日に予約をしておいたタクシーがやってきました。

「よろしくお願いしまーす」

運転手さん、とてもいい人で、楽しくおしゃべりしていたら、
あっという間に登山口に到着。

DSCN1968.jpg 

さぁ、ここから。

緑濃い樹林帯をコツコツと登って行きます。


DSCN1985.jpg

ベイビードラゴン発見!


DSCN1988.jpg

汗ダクになりながらひたすらひたすら登って行くと、
ついに青空が見えました。


DSCN2005.jpg

これから先の岩々セクション、
以前来たときはおっかなびっくり歩いた記憶があるけれど、
今回は特にそんなこともなく、落ち着いて通過することができました。


DSCN2014.jpg

左を見れば蝶ヶ岳への稜線が♪


DSCN2028.jpg

右に見えるは大天井♪


DSCN2030_20130715230050.jpg

常念岳の山頂は、見えてからがけっこう遠いw


DSCN2047_20130715230049.jpg

イワヒバリのさえずりをBGMに。


DSCN2045.jpg

ちょこちょこ休憩をとりながら、てっぺんを目指します。

 
DSCN2061.jpg 

そして、とうちゃく。人生二度目の常念岳♪

山頂では数人の方たちがくつろいでいらっしゃいました。
私も岩に腰をおろして、しばし、ぼんやり。至福の時間♪


DSCN2070.jpg 

と、、、

 「くつろぎ具合がイイですねw」

近くにいらっしゃった方に、ほめられて(?)しまいましたw
きっと私、ここぞとばかりにダラ~ンとしてたんだろうなぁ~w

いや、それにしても、気持いいコト、この上ナシ♪

DSCN2080.jpg 

雲がとれて、憧れのとんがりもご登場。

DSCN2092.jpg 

しばらく景色を楽しんだら、常念小屋まで急降下。

DSCN2094.jpg 

すると急に風が強くなってきました。
この先まだまだ長いのに大丈夫カナ?・・少したじろぐ。。

そして、小屋まで降りて、横通岳への登りを見上げた瞬間に、
今日中に大天荘まで行くっていうのは、ちょっと欲ばり過ぎだったかな。。。
さらに不安になってきました。

ここまでで、だいぶ草臥れちゃってます(汗)

DSCN2102.jpg 

うーむ。カラダが動かない。。。

なんとかココまで登って来たけど、
このときは常念小屋まで引き返そうか、真剣に悩んでました。

DSCN2108.jpg 

でもでもでも、横通岳までがんばると、
そのあとに待っていたのはこんな素敵な稜線歩き♪

DSCN2114_20130715230301.jpg 

途中ですれ違った登山者さん。
常念岳はずいぶん遠くなりました。

DSCN2122.jpg 

風に煽られ、ザック、ザック。

DSCN2128.jpg 

這松絨毯、ザック、ザック。
うへ~、あそこまで登るのかー

DSCN2135.jpg 

かっこいい道標と、残雪と、ちょっとあやしげな黒い雲。
(雷、心配したのですが、この日は大丈夫でした。ホッ。)


そして、

さぁ、もうすぐ。
もうすぐ、やっと、本日のお宿。大天荘!

という時でした。

DSCN2160.jpg
DSCN2173.jpg 

あっ!らいちょう♪

お母さん&ヒナが、1234・・・5羽もいる♪

DSCN2185.jpg 

テテテテテー。 トトトトトー。

お母さんは縦横無尽に走りまわるヒナたちを、心配そうに見守っていました。

大丈夫。捕って食べたりしないからw


つづく  

   
 

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。