--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.04.29

秋山二十六夜山


金曜日に秋山二十六夜山に行ってきました。


ちょうどひと月前に歩いた月夜根沢沿いの登山道が
(倉岳山から下るときに歩きました)
とっても良いトコロだったので、もう一度行ってみたくて、
そんなわけで今回は、その道を歩くことをメインにコースを考えました。

思いついたのが秋山二十六夜山を絡めての周回コース。
梁川駅スタートで立野峠→浜沢→二十六夜山→下尾崎→寺下峠→梁川駅。

いにしえの峠を越えて里から里へと歩いてきました。
けっこうボリュームありましたw



朝7時の梁川駅。
空気がおいしい~~~~~♪





駅のトイレの鏡を拝借して
日焼け止めを塗り塗りしてたら、こんなところに、ひえっ!やぶ蚊がっ!

DSCN0129.jpg

こっちに飛んでこないでよね~(汗)
刺されやしないか心配で、そそくさとその場を退散w
それにしても大きなやぶ蚊だったなぁ。




梁川大橋を渡ります。
緑もりもり。てんこ盛りの桂川。

DSCN0133.jpg




かわいい案内図を発見しました。
二十六夜山はこの山なみの向こう側。

DSCN0137.jpg




登山口を目指して車道をてくてく歩いていると、
道端におもしろいカタチの花がたっくさん!

ジュウニヒトエだ。淡~い紫色がうつくし~♪
写真だと大きく見えてしまうけど、実際はコンパクトでかわいらしい花ですよ。

DSCN0150.jpg



白いのもありました。
いや~早起きしてここまで来てよかったなぁ。なんて、
この時点ですでにごきげんな私w

DSCN0147.jpg




そしてお目当ての山道に一歩足を踏み入れれば♪
足元は楽しい葉っぱや可憐な花に彩られ、

DSCN0173.jpg




顔をあげれば新緑全開♪

DSCN0163.jpg

そう。ここに来たかったんです。




どうしよう。楽しすぎて顔がニヤける。
今日はもう、このままここに居ようかな?w

DSCN0167.jpg




たっぷりと時間をかけて(ちょっとゆっくりし過ぎたかもw)立野峠に到着したら
デーンと地面に腰をおろして、ここでちょっとひとやすみ。

するとその傍らに、

DSCN0179.jpg

あ、ナナフシの赤ちゃん♪
すっごくちっちゃい。体長1センチくらいかな?
おしりで踏まなくてよかった。。アブナカッタ。。。w




このあと浜沢までは穏やかな道。順調に下っていきます。
道の脇にヤブレガサがたくさんありました。

この橋を渡れば里はもうすぐ。

DSCN0193.jpg




出ましたよ~ん。
峠を越えてきましたよ~ん。

DSCN0197.jpg

このあとすぐに二十六夜山への登りに取りかかったのですが
もう少しこの周辺を散策してもよかったかも、、あとからそう思いました。



アオゲラの森キャンプ場では残念ながらアオゲラには会えなかったけど、
代わりにこんなステキな花が。
筆竜胆のかわいいブーケ♪

DSCN0201.jpg




民家の脇を抜けて登山道に入るとイキナリの急坂っ
っていうか、ずっと急坂。笑っちゃうくらいひたすら急坂w

DSCN0209.jpg

尾根づたいに道がつけられてるんですね。
下りに使わなくてよかったー(←下り、苦手)




そして傾斜が緩やかになって、景色を見る余裕なんかも出てきて
(子供のころ、絵に描いた「くも」のかたちって、こんな感じでしたよね~)
そうすると二十六夜山の山頂はもうすぐです。

DSCN0218_20130427205954.jpg




山頂のすぐ近くにあった趣のある二十六夜塔。
ここで昔の人たちは月待ちの行事をしたのでしょうか。ふむ~

DSCN0226.jpg




このあと下尾崎までは快適な道を緩やかに下っていきます。
ノボリとクダリで道の感じがまったく違っておもしろい。

おりてきたじょー
だいぶ草臥れてきちゃったじょーw

DSCN0235_20130427205953.jpg




今度は寺下峠に向けて登るのですが、
ここで天気があやしくなってきたんです。それに冷たい風も吹いてきて。
大曲橋の先で薄暗い植林帯の道に入ると、急になんだか心細くなってきました。

でも実際に歩いてみると、薄暗かったのははじめだけ。
そのうちにまた晴れてきたので、峠まで楽しく歩くことができました。

DSCN0190.jpg



途中で見つけた、、



マムシグサの井戸端会議。

DSCN0239_20130427210225.jpg




寺下峠に辿りついたら、あとはもう下るだけ。
途中に滑りやすいところがあって、ロープのお世話になったりもしましたが、
緑のシャワーをたっぷりと浴びながら、どんどん下って、町に出て。

DSCN0248_20130427210225.jpg




塩瀬大橋渡ったら、駅まではもうひとふんばり。

民家の前で話しかけてくださった、気さくなおじさん。
橋の近くで挨拶をしてくれた、かわいらしいお婆さん。
「駅からハイク」のいいトコロ = こーゆー出会いがあるトコロ。

DSCN0254.jpg




で、次の電車は30分後。

今回は缶入りのコーンポタージュいただきました♪
ゴクゴク。。ぷは~ 沁み渡る。。。

DSCN0257_20130427210224.jpg




この記事へのコメント
「秋山二十六夜山」さすがにどこだ?って感じで地図見ちゃいました。(笑)
 たしかにあの付近の里山は雰囲気が良いしそれに新緑がきれい!

 すっかりこの付近への電車で登山がお気に入りのようですが、標高が低いので初めに出て来たやぶ蚊やブヨもそろそろ出て来そうですね。

 
Posted by IK at 2013.05.01 05:44 | 編集
IKさん、こんばんはー

IKさんがご存じなかったということは、
ずいぶんマイナーな山なんですね、この山って。。

電車で行くと睡眠時間が確保できるので、
最近ちょっとこのパターンが増えてます。
行き帰りの電車の中ではいつもガッツリ爆睡ですw

そうですね~ そろそろ虫の季節ですよね(汗)
今度はもう少し高いところへ行ったほうがイイかも、ですね。
Posted by み at 2013.05.01 23:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。