--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.04.12

あらためまして、お坊山。

DSCN9888_20130410232454.jpg


山梨の笹子雁ヶ腹摺山に行ってきました。

11月に一度計画した、
笹子駅~笹子雁ヶ腹摺山~お坊山~甲斐大和駅。というコース。
あのときは途中でUターンしてしまったけれど、今回改めて歩いてきました。

<11月の思ひ出>




駅から登山口までは街道をテクテク歩き。
普段、登山口に辿りつくまでは結構緊張するのですが、
ここは一度歩いてるのでずいぶんと気分が楽デス。


そのあとひとつめの山頂までは

「うん、あったなぁ。こんな場所。」
時々立ち止まっては、あたりをぐるりと見渡して。

「あった。あった。こんな坂。」
急なノボリをあんぐりと見上げてみたりなんかしてw




山頂ではお一人の男性(白髪のベテラン登山者さん)にお会いして
少しだけお話しました。

DSCN9808.jpg


「明日はね、沼津アルプスを歩くんですよ。
いいところですよ、沼津アルプス。」

「へぇ~そうなんですか~。いいですねぇ~♪」
(ってゆーか、どんだけタフなんですか?!w(尊敬))



その方とはここでお別れをして、ここからは未知のみち。
お次の米沢山に向かいます。

DSCN9814_20130410232130.jpg



ほんじつのふじさん。






急降下したかと思ったら、こんな感じのやせ尾根が出てきたり。
鎖のあるところではスッテン転げ落ちないように、特に慎重に進みました。

DSCN9825.jpg




なんだろう? この、モフモフ。

DSCN9835.jpg




米沢山を過ぎたら次は、本日の最高地点、お坊山を目指します。
お坊山はまるでラクダのこぶのようなかわいらしいシルエット。

DSCN9833.jpg




山頂からは思い出の山&憧れの山がよく見えました♪

DSCN9853.jpg




このあとの下りでは、
広い尾根全体が大量の落ち葉で埋め尽くされているところもあって、
深いところでは、ズボッと脛まで埋まるほど。

DSCN9859.jpg

そんでもって、
落ち葉の中の「なにか」で滑って、
思いっきり、尻もちついてみたりしてw




なんだろー? この、モフモフ。(その2)

DSCN9872_20130410232951.jpg





大鹿峠をあとにすると
とても歩きやすくて気持ちのイイ道が続きます。

DSCN9876.jpg





小鳥のさえずり。啄木鳥のドラミング。
今日歩いた稜線を横に見ながらのんびり歩く、最後のくだり。

DSCN9884.jpg




そして、林の奥に氷川神社の赤い屋根が見えてきたら、
山道はここでおしまいです。

DSCN9892.jpg




里に降りれば春爛漫。

DSCN9896.jpg



景徳院にもちょっとだけ立ち寄って、
それから甲斐大和の駅までてくてくと歩いていくとー

DSCN9898.jpg




次の電車は30分後。

とゆーことなので、
ならば、これデショ。







ホームにて♪

DSCN9911_20130410232452.jpg



陽のあたるホームのベンチで靴紐ゆるめてリラックス。
向かいにはまだ満開の桜の樹。

桜吹雪が舞う中で、食べるソフトはたいへん美味しゅうございました♪



この記事へのコメント
み さん、こんばんは♪

モフモフの正体は、猫柳(ネコヤナギ)だと思いますが、普通は猫柳は水辺を好むのですが、近くに水場は無さそうな感じですね...

2枚目の方は、花穂が出ている状態です。
銀色の毛皮から花穂が出てきて、赤から黄色に染まって行く様は綺麗ですよ♪
(黄色いのは花粉です)

参考までに。
http://yamandomtbmx.blog13.fc2.com/blog-entry-270.html
Posted by Danny at 2013.04.13 19:51 | 編集
Dannyさん、こんばんは~♪

やっぱり、ネコヤナギだったんですね。
私の持っているネコヤナギのイメージとは
少し違っていたのでわかりませんでした。

確かに周辺に水場は無くて、カラカラドライな場所でした。
(不思議)

花穂が出ている状態!きれいですね~~
いつか是非見てみたいです♪

そういえば、きのう近所でハナイカダを初めて見ました!
セントウソウも咲いてましたよ♪
地元もなかなか侮れませんw
Posted by み at 2013.04.13 23:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。