FC2ブログ
2012.07.28

杣添尾根からコンニチハ



赤岳から横岳に向けて歩いていくと現れる、三叉峰という分岐。
そこから続く尾根道が以前からちょっと気になっていました。

『杣添尾根』・・なんとなくやさしい響き。
それに漢字の並びもなんだかステキ♪

チャンスがあったら一度歩いてみたいなぁ~

って、思っていました。
この分岐に立つたびに。




延々続く薄暗い樹林帯、単調で変化がなくて、

ふーむふむ。

調べてみると、杣添尾根はあまり人気がないみたい。。。

でもムズカシイところは特にないようなので
私にはちょうどいいカモ。

それになんたって、登山口までのアクセスが素晴らしい♪
(狭い林道とかガタガタ道とか走らなくていいんです)



ということで、行ってきました。

あの稜線へこっち側からひょっこりと飛び出る瞬間、
その瞬間を楽しみに♪


DSCN5990.jpg

現地に着くと、すごい朝焼け。思わず車を停めました。
畑のビニールシートがキラキラ。
このキラキラは山の上からどんな風に見えるだろう。


DSCN5994.jpg

別荘地を抜けた先にある登山口。

さぁ、ここから!今日はどんな日になるのかなぁ。


DSCN6010.jpg

重々承知いたしておりますw



確かに最初は薄暗い樹林帯。

でも森の空気は美味しいし、
いろんな鳥やキノコや虫や、、、

あ、写真は撮れませんでしたが、
地味にかわいいゾウムシもいたりして
なにげに楽しく進んで行きます。

DSCN6019.jpg

こんな雰囲気の良いところもあったりしつつ♪



ところで今回は頭痛対策として、

心拍が上がってきたなと思ったら立ち止まって大きく10回深呼吸
&水を飲む

を実践してみました。
とあるブログの記事を参考にさせていただいたのですが、
効果があったと思います。感謝です!


DSCN6041.jpg

そんな風に何度も何度も立ち止まりながら、それでもジョジョに標高を稼いでいくとー
ついに稜線が見えてきました(嬉)

白く見えているところがコマクサの群生地??


DSCN6046.jpg

と、クジャクチョウに聞いてミル。


DSCN6056.jpg

こんな感じの気持ちよく歩けるトラバース道も
ちょっとだけ現れて、


DSCN6057.jpg

そして、おお~~!!青空全開♪
まさか、こんなに晴れるとは!


DSCN6067.jpg

視線を転じれば、出ました、赤岳。
この角度から赤岳の雄姿を見るのははじめてなので
ちょっと興奮w


DSCN6073.jpg

ハイマツ帯に入ったらあとひと登りで、、


DSCN6087.jpg

辿りつきました三叉峰。
想像どおり「ひょっこり」出ました。大満足w


DSCN6086.jpg

振り向いて、そまぞえ。

畑のシートがキラキラと遠くに輝いてみえました。


DSCN6105.jpg

さてさてここからお楽しみの稜線歩き♪
きれいなお花が次々に現れます。

DSCN6106.jpg

イワベンケイにミヤマオダマキ♪


DSCN6123.jpg

エ~デルワ~イ エ~デルわ~い♪


DSCN6133.jpg

はぁ~赤岳は、やっぱりかっこいいですのう。。。
ここで20名ほどの団体さんにお会いしました。
天望荘に泊まるそうです。うらやましー話ですのう。。


DSCN6147.jpg

地蔵尾根の分岐にきました。
お地蔵さんは御獄山のほうを向いているのかな?


DSCN6151.jpg

行儀よく一列に並んだチシマギキョウ。
よく見ると岩の割れ目に沿って生えていました。
たくましい。


DSCN6156.jpg

だいぶ暑くなってきたので、日陰に入ってひとやすみ。
おにぎりが美味しすぎて気絶しそうになりましたw


DSCN6161.jpg

その先の斜面の途中で振り向いてパチリ。
いよいよガスが湧いてきました。

2年前、始めてここに来たときに
「だんだんガスが湧いてきたー」と友達にメールしたら
「それが夏山の典型的な天候!」という返事が届いて
「へぇぇぇぇぇぇぇぇ~」と、ものすごく感心したことを思い出しました。

モクモク。。


DSCN6167.jpg

この空を飛べたら。


DSCN6174.jpg

で、着きました、山頂デス♪
山頂はにぎわっていたのでスルーして~


DSCN6172.jpg

権現岳のほうだけチラ見してきました。
ここからの縦走路はコワいところがたくさんあるようなので
きっと一生歩くことはないでしょうw


DSCN6193.jpg

来た道をしばし戻って、振り向いてみた赤岳はさきほどとは違った風情。
赤岳のアールに沿って、立ちあがっては戻されていく白い雲。

うわわわわん、うわわわわん、
乗り越えたいのに、どうしても乗り越えられない。

うわわわわん、


DSCN6121.jpg

三叉峰まで戻ってきました。

まだ時間があったのでその先の横岳へ。
ハシゴとかクサリが出てきて、のぼったり下ったり。


DSCN6202.jpg

この大岩の成り立ちが気になって仕方ありません。
この岩が、こんなカタチになったのには、
いったいどんなストーリーが隠されているんでしょう?
ちなみに登山道は岩の左を回り込むように続いています。


DSCN6204.jpg

横岳さんちょー到着しました。
ここでちょっと考えました。

①暑いし、草臥れちゃったから、もう帰る
②暑いし、草臥れちゃったから、小屋まで行って休憩


DSCN6210.jpg

気がつけば小屋を目指してヨロヨロと歩いていました。
うーん、けっこう遠いなぁw


DSCN6215.jpg

でも、コマクサたくさん咲いてたし♪


DSCN6219.jpg

イワヒバリにも出会えたし♪

行ってみてよかったです。うん。
休憩あとの登りっかえしが思いっきりつらかったけど・・w


DSCN6221.jpg

帰り道、杣添尾根は天然ミストの中でした。
直射日光を避けられるのがありがたいです。
さぁ、帰ろ。


DSCN6024.jpg

しかし、帰りは長かった。

まだ、ここか~
なんて、
同じ道なのに疲れた脚には往きよりもずっと長く感じられました。


DSCN6223.jpg

最後の最後で渡る川。

この川見たとき思いました。
やっぱ、美濃戸口から登ったほうが気持ちいいかもしれないな。

ってw


杣添尾根は5回に1回くらいでいいかもしれない。かもしれないw


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


この記事へのコメント
お疲れ様でしたね、ちょっとマイナーな道を選択しながら楽しんじゃうのはさすがです(笑)

稜線に上がってからもあっちへこっちへと大変じゃなかったですか?この間、硫黄岳〜赤岳を縦走しましたが、横岳〜赤岳方面は確かにアップダウンがしんどかったな〜(´Д` )

でも、花に空にいつもより美味しいご飯!やめられませんね(笑)
Posted by tatsu_m1113 at 2012.08.08 21:05 | 編集
tatsu_m1113さん、こんばんは~

マイナーな道をついつい選んでしまう、、
そんな、ちょっと変わり者なワタシですw

たしかに行ったり来たりは大変でした。
最後はすっかりヘロヘロだったし。。。
次行くときは素直に美濃戸口から登りたいと思いますw

tatsu_m1113さんの先日の山行もお天気に恵まれてよかったですね~!
続きのレポ、楽しみにしています。
じつは私も1日~2日は山に居たのであとでブログ更新しますね。


Posted by み at 2012.08.08 22:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する