--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.06.29

稜線上のありゃま。。鳳凰三山は雲の中



今年もまた行ってきました♪鳳凰三山。

鳳凰小屋のブログを毎日見ていたら、
「うー行きたい」「「行きたいなぁ」「行っちゃおうかな」「よし、行こー」
というわけでしてw
↑いつものパターン

前日が遅番だったので睡眠時間は約1時間。
これがあとあと響くことになります。
やっぱ、無理しちゃいかんです。。しゅん(反省中)


前回と前々回は青木鉱泉を起点にして
のぼり→ドンドコ沢コース
くだり→中道コース
でした。

今回は逆回り。
のぼり→中道コース
くだり→ドンドコ沢コース
で行くことに決めました。

「そういえば、こんなところ歩いたなぁ」
なんて、記憶をひとつずつ辿っていくのもおもしろそうだったので。

いつもの苦手なガタガタ道の運転をなんとかこなして5時過ぎに現地に到着。
5時40分に出発しました。
天候は霧。ちょっと大粒。
でもザックカバーは要らない程度。

これから目指す稜線が~




ぜ~んぜん見えないけれど、あんまりがっかりしてません。
だって、このあと晴れるもんね~
(なぜか知らねど自信満々w)

DSCN5790.jpg

パックされた林道を行きます。
薫る緑、朝の冷気、沁みこむ、シミコム。
ほどけてく。

DSCN5791.jpg

さぁ、ここから。
ボチボチ登って行きまっしょい。

DSCN5792.jpg

悪く言えば単調?
でも、良く言えばとても歩きやすい、
そんな山道をどんどん進んで行きます。

DSCN5796.jpg

この写真ではちょっとわかりづらいのですが、
こぶしくらいの大きさの毬状のクモの巣が、たくさん。
浮かんでいて幻想的。

DSCN5805_20120629171152.jpg

まるでガラス細工のような。

DSCN5811_20120629171151.jpg

雰囲気が変わってきました。
コメツガの黄緑色がとっても鮮やか。

DSCN5813_20120629171150.jpg

そのうちに、お♪
にわかに空の色が変わってだんだん明るくなってきました。
よ~しよし。




DSCN5830.jpg

と思ったら、ひゃー!
いきなり真っ青な空が出た。。。

DSCN5819_20120629171148.jpg

光を受けた白いモヤがゆらゆらと揺らめいて。

DSCN5823_20120629171146.jpg

DSCN5838.jpg

光が差し込むと無条件でうれしくなるのは、
草木も虫も鳥も人も、たぶんおそらく、みな同じ。

DSCN5834.jpg

こりゃ、もしかして、上は最高?
すっごい雲海見れちゃったりするのかなぁ。。(期待期待♪)

DSCN5835.jpg

御座石さまもなんとなく気持ち良さそうにしています。

DSCN5840.jpg

背の高い樹がなくなってきました。

DSCN5843.jpg

振り返ると、わっ、富士山だ。

DSCN5844.jpg

そして稜線が見えてきて。

DSCN5848.jpg

ほんのわずかに雪が残っていたこのあたりでは
足元に元気ハツラツ。コバイケイソウ。

DSCN5850.jpg


もうちょっと。
もうちょっとで、真っ青な空の下、、、、




DSCN5854.jpg

と思ったら、ありゃま。
思いっきりガスってるしw

DSCN5866.jpg

残念ながら稜線上はガスガスでした。
おかしいなー こんなハズではw

DSCN5869.jpg

それでも天空の白砂の道はやっぱり気分最高で。

DSCN5873.jpg

複雑な動きをする雲の流れは
ずっと見ていてもまったく飽きることはなく。

DSCN5860.jpg

ムラサキ色のハイマツぼっくり。

DSCN5878.jpg

だけどもし、このガスの中、これが初めて歩く場所だったとしたら、
きっと心細く感じるだろな。
なんたって、ビビリ~ですからw

DSCN5879.jpg

一瞬だけ見えた街並み。

DSCN5880.jpg

観音岳山頂では腰を下ろして休憩しました。
確かここならケータイが、、あれ?アンテナ立たない。ま、いっか。。

DSCN5883.jpg

はじめまして♪のかわいらしい白い花。

DSCN5890.jpg

雲が流れて行く先が見えました。
赤抜沢ノ頭とその右には地蔵岳。

あとで歩く砂の斜面がよく見えます。
こうやって見ても、急ですね~~

DSCN5894.jpg

なんかカッコイイ道。

DSCN5903.jpg

風雪に耐えて力強く生きるハイマツ。
それを見守るゴリラ岩。

DSCN5908.jpg

この花の名はクモマナズナでいいのかな?
雲間薺。すてきななまえ。



じつはこの日は体調がダメダメで、
中道の登りの途中からずっと頭痛が続いていました。

高い山に登ると頭痛がするのはいつのもことだけど、
今回のはちょっとツラめのビッグウェイブ。

こんな素晴らしいところに居させてもらっているのに、
まったく今日の私ときたら・・・

こんな調子でここに居るのは
そもそも山に失礼でしょー、ごめんなさい。

DSCN5914.jpg

と、

雲を纏ってなんとなく優しい印象のオベリスクを見上げながら
ひとり反省したりしてました。

DSCN5917.jpg

さぁ、もうすぐ鳳凰小屋だ。
まずは砂の斜面を慎重に下って~



鳳凰小屋は団体のお客さんで賑わっていました。
そんな中、小屋のみなさんと少しお話できてうれしかったデス。

「あれ~ また日帰りですかー?w」
「そうなんですよー テへへ」

みたいなw


ほんとはテラスでゆっくりコーヒー飲みたかったけど、
頭痛がひどくてあきらめました。

うー、楽しみにしてたのに、、、(泣)

DSCN5918.jpg

そしてドンドコ沢の下りへと。
急なところや根っこの段差、川の徒渉もあったりして、
変化に富んでやっぱり楽しいこのコース。

花もたくさん咲いていたのに
写真撮る元気がなかったのが残念でなりませぬ。

DSCN5919.jpg

山行くときはしっかりと睡眠とって
体調管理をちゃんとしないとダメですねー

ということをひしひし感じた山行でした。


もったいない。モッタイナイ。



にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


この記事へのコメント
お久しぶりです。
今回は会いませんでしたね。日帰りってスゴイですね!
いつも楽しく刺激されて見てるので、これからも きおつけて楽しんでください
良い山を ではまた
Posted by じん at 2012.06.30 13:01 | 編集
結構長かったけど読み切りました(^O^) 好きな山なんかは何度でも行きたくなりますね!そしてそこに最高の景色があったらなおさら! だからやめられません! でも 体調はしっかり整えて行きましょう!(^O^)
Posted by guttsuan at 2012.06.30 16:36 | 編集
じんさん、お久しぶりでーす!

今回もまた、もしかしたら?どこかで・・
って思っていたんですけど、お会いしませんでしたね~

最近どこか登られましたか?
じんさんも、良い山をー♪
Posted by み at 2012.06.30 23:17 | 編集
guttsuan 、ご無沙汰してまーす。
ダラダラ長くなってしまってすみませんw

山登り歴3年目にして鳳凰三山はこれでもう4回目、
なぁんか惹かれてしまうんですよね~

体調管理、気をつけますデス。はい。
Posted by み at 2012.06.30 23:29 | 編集
  梅雨時だと雲が出ちゃうのは仕方ないですね。雨が降らず登れただけでも良かったぐらいに考えておかないと・・。
 景色が見るなら夜明けと同時に登りだして、雲が出る前に展望が開ける場所まで上がるぐらいしかないですね。

 それにしてもみさん鳳凰三山好きですね~。この時期なら夜叉神峠から登って地蔵を超えて広河原に下りバスで戻るコースも良いですよ。7月になると稜線はヤナギランやタカネビランジなどがきれいです。
Posted by IK at 2012.07.01 07:16 | 編集
み さん ご無沙汰してます( *`ω´)

鳳凰三山お疲れ様でした、頭痛は辛いですね。この間、友人と鳳凰行ってきたばかりですが中道〜鳳凰三山〜ドンドコ日帰りてスゴい・・・真似出来ません(笑)

ガスってもそれはそれで良い景色ですよね、稜線を勢いよく流れていくガスを見ているのも飽きません。日常には無い風景ですもんね。

僕も昔はあまり寝ずに山に行ってましたが頭がスッキリしなくて全力で楽しめないので、最近は4時間は寝るように意識してます。お互い無理せず楽しく歩きましょうね!

Posted by tatsu_m1113 at 2012.07.01 21:47 | 編集
IKさん、こんばんは。

そうですよね~、欲張っちゃいけませんよね。
登りの途中で真っ青な空を見れただけでもラッキーでした。

夜叉神峠からのルートも気になります。
「高嶺」にも行ってみたいので
チャンスがあったら挑戦してみたいと思います。

Posted by み at 2012.07.01 23:51 | 編集
tatsu_m1113 さん、ごぶさたしてまーす!
いつもブログ楽しく読ませていただいてますよ~

いや~、私の場合は荷物が小さいですから。
tatsu_m1113 さんのようにデカデカザックを背負っていたら日帰りは絶対ムリです。
おそらく砂の斜面で後ろにひっくり返りますw

ガス、いいですよね♪
特に稜線を乗っ越していくのを眺めているのが好きだったりします。

なるほど~4時間ですかー
私もこれからは4時間睡眠を目標にがんばってみようかな?
もういいトシなので体に優しい登山を心がけたいと思います(^.^)

Posted by み at 2012.07.02 00:23 | 編集
やっぱ、車中泊〜どうかな〜??
Posted by いの at 2012.07.06 11:39 | 編集
いのさん、どもです!

スケジュール次第では車中泊もありですよね。
帰りのサービスエリアでは、
よく車の中でグーグー寝ているわけだしw

できるだけ睡眠時間を確保できるように
もうちょっと工夫してみます。

ところで今月下旬の夏休みはドコ行くんですか?
レポ楽しみにしてまーす!
Posted by み at 2012.07.07 22:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。