--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.11.29

担ぎたい気分の日には




ひさしぶりにたっぷりとMTBを押し担ぎすることができたので、
なんだかうれしくなっちゃって(え?!)
その次の休みの日にも自転車持ってまた山に行きました。



いつもよく行く山域の、
まだ訪れたことのない尾根へ。

そのルートはうわさによると「MTBには不向き」らしいので
今までずっと避けていました。乗れるところは少ないらしい。


でも、今後もきっとここへ行く機会はないだろな~

そんなふうに思いながら地図をぼんやりながめていたら、
なんとなく行ってみたくなってきたので・・・

決行w



稜線までのぼるにはいくつかルートがありますが、
せっかくなので滝を見てから行くことに。

最初は簡易舗装の道をひーこらと、、、

短いけどなかなかの急こう配だったりします。





少しすると道はなくなり、登山道の入口があらわれます。
岩がちな道とゆっくりと辿っていくとー

DSCN4195.jpg

出ました。とても立派な滝です。

山の中腹に滔々と流れているのを遠くから確認したことはあるのですが、
近くで見るとこんな感じなんですねー

ちょっと得をした気分でさらに先に進みます。



この先、稜線に出るまではかなり大変、重労働。

前半の沢沿いの道はそこそこ歩きやすいけれど、
途中からは、うんしょ、こらしょ、な急登が続きます。


DSCN4222.jpg

ここは樹と樹のあいだを通すw



DSCN4226.jpg

それでも山は気持ちいいデス。
向こう側にはおなじみの尾根が見えてます。



DSCN4224.jpg

まぁ、たしかにここは自転車向きではありませんがw



DSCN4228.jpg

予定時間を少しオーバーして、なんとか稜線に出てみるとー
目の前にこんな大岩が!
ここでこんなの見られるなんて、またもやちょっと得した気分w



DSCN4232.jpg

足元には竜胆が咲いていました。
がんばって登った甲斐がありました♪



DSCN4246.jpg

さてここからはいよいよ尾根を辿っていきます。


うわさどおり乗れるところは少なくて、
とくに私の技量では、ほとんどが「押し」「担ぎ」「担ぎ下ろし」になっちゃったりしましたが、



DSCN4250.jpg

それでも時折こんな景色を楽しんだり
(あ、デポ地、発見!)



DSCN4255.jpg

途中のピークではハイカーさんとのんびりおしゃべりしたりして、
なにげに楽しい山行となりました♪


次はフツウに走れるコースを選ぶことに決めましたw


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ




この記事へのコメント
え、TD岩へ登ったの?
 ここ稜線下はかなりの急登でほとんど担ぎでしょう。そして稜線からO山まで?
 う~~ん、担ぎ覚悟で行っちゃうなんて、すご過ぎ!
Posted by IK at 2011.11.30 06:31 | 編集
IKさん、こんばんは。

たしかにたしかに!後半ずっと急でした。
こんなところに登山道を作った人はえらいな~
とか、感心しながらゆっくり登って行きましたw

あ、O山のほうには行ってないんです。
(岩場があるからMTBはきっとムリです、よね?)

稜線からは尾根伝いに温泉まで下りました。
このあと温泉で待ち合わせしていたものでw
Posted by み at 2011.12.01 00:22 | 編集
うへー担ぎ上げがキツそうなのがよーく判りますよ。
登山の領域じゃないですか!
遊ぶ力、バリバリにありますねぇ~

私も少し戻った気がします。
Posted by 884R at 2011.12.01 16:56 | 編集
884Rさん、こんばんはー

担ぎ上げ、じつはけっこう好きなんですw

この日は「担ぎ上げ」というよりも
ほとんど「ずり上げ」って感じでしたがw


遊ぶ力はまだまだぜんぜん足りません!
もっとたくさん遊ばないと、、、w
Posted by み at 2011.12.02 21:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。