--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.09.16

最後はコーラで乾杯~



その夜は太陽が沈んだあとも山荘の前の広場は月の灯りに照らされて
まだほんわりと明るくて、木のテーブルを囲んでのおしゃべりタイムは
静かで、そして楽しくて。

なんとも言えない心地よい空気が流れていました。
空を仰いで星見たり、人工衛星見つけたり。



ある人がこんなコトを言っていました。

「山って平等でいいですよね!
速い人も遅い人もみんな同じ道を歩いてきて今ここに居るわけで
なんか、いいですよねー」




部屋に戻ると同室の方はもう眠りに就かれていたので
私もそおっと布団にもぐりこみました。

最大16名が横になれるスペースにこの日は2名だけで、広々。
ありがたや。

DSCN2226.jpg

ちなみにこれは翌朝撮った写真ですが山荘の中の様子はこんな風。
ながーい廊下もピカピカです。



深夜2時。草木も眠る丑三つ時にトイレに行って、
それから星を観るために外に出ました。
入り口のガラス戸に写った自分に一瞬ビクっとしたりしてw


星は、いっぱいありました♪
遠くには街の灯りがゆらゆらと瞬いて。


静かだな・・・

ブルッ さぶっ、そろそろ戻ろ。




DSCN2179.jpg

そう、そのときは晴れていたんです。
なのに、まさかの、ガスの朝(泣)

五竜岳のてっぺんは見事に隠れてしまっています。
どうしよう、今回はあきらめたほうがいいかなぁ、、、
上のほうには岩場&クサリ場があるようなので、ちょっと尻込み。
・・滑るのコワイ。


DSCN2184.jpg

下のほうは晴れてるのにな・・

遠くのほうがオレンジ色に染まってきました。
ひとまずは、カメラ片手にご来光を待つことに。


DSCN2191.jpg

お♪ 
今回はこんな感じで。



このあと出発の準備を整えて
お世話になった山荘のみなさんにご挨拶。
(ここのスタッフさんたちもとても感じの良い方ばかりでした)

悩んだけれど、とりあえず山頂方面に行ってみることにしました。
ムリだと思ったら途中で撤退!よし、カッパ着てスタート。



DSCN2217.jpg

はじめのうちは霧雨のような感じだったのに
そのうちにフードにあたる雨粒がポツポツと音をたてはじめました。

視界もあまりよくないし、もうそろそろあきらめようかと思っていたら
そこで休憩中の4人組のパーティに出会いました。

「お先にどうぞー」
「あ、いえ、わたし、ものすごく遅いですからw」



この方たちのおかげで登頂できました。


DSCN2202.jpg

みなさんに先に行っていただいて、むずかしいところのライン取りやこなしかたを
ジーっと眺めて参考にさせていただいて、うしろから着いて行ったら
山頂まで行くことができたんです。


DSCN2204.jpg

残念ながら念願の「五竜から眺める鹿島槍」は
今回叶いませんでしたが、でもでも満足。また、来よう。


DSCN2207.jpg

お礼を言って、それから写真をお互いに撮り合って
帰りは若干?足取りも軽く山荘まで戻りました。




DSCN2218.jpg

午前8時。
ここでほんとはお湯を沸かしてコーヒー飲みながらまったり~♪
の予定でしたが、雨でボツw

でもせっかくお湯をわかす道具を持ってきたので、
できればなんとか使いたい。。。


で、



DSCN2220.jpg

使ってみました♪w

(前日のどん兵衛は山荘のポットのお湯をいただきました)


この時点でもまだ雨は降っていたんですけどね。
いいんです。ちょうどお腹もすいてたしw



そして9時ごろ、
いよいよ遠見尾根の長い下りのはじまりです。

DSCN2230.jpg

歩き始めてすぐのこと。
今回もまた雷鳥さんがお出迎え♪
クェッ クェッ 
って、相変わらずの癒し系w


DSCN2237.jpg

こんなところを下って行きます。


DSCN2240.jpg

ヤマハハコ。
毛糸で作った造花みたい?あたたかそうな花びらですね。


DSCN2245.jpg

ときどきこうして立ち止まって、
ガスが晴れるのを待ってみたりしながら。




ところで途中、お二人連れの登山者のかたにお会いして、
そのあと下までご一緒させていただきました。
お二人ともそれぞれ単独テント泊ということで
大きなザックが重たそう。

昔のスキーの話で盛り上がったり
楽しい時間をどうもありがとうございました。


DSCN2246.jpg

そーこーするうち、いつのまにか空は青空。
夏の暑さに戻っていました。

最後に乗ったゴンドラの中では「コーラで乾杯!」したりして。



とまぁ、そんな感じで、なんだかんだで、無事下山。
牛首も五竜の岩場も、コワかったけどまた行きたいな、と、
今となっては思っていますw


うーん、やっぱり、山はイイです。

いろんな場面で自問自答するのも、それもまた楽し。



にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ







この記事へのコメント
コメントを記入してください
今晩は下山の同行の、足利の方です。この時はお疲れ様でした。とても楽しい下山でした!言っていた北岳に今週行ってきました。とても天気も良く素晴らしい山行でしたよ。(実はもしかして、お会い出来るかなと?)またどこかでお会いしましょう!
Posted by taka at 2011.09.19 20:16 | 編集
足利のtakaさん、こんばんはー
コメントありがとうございます!

先日はほんとにありがとうございましたー
あの日はなんだかハッキリしないお天気でしたがおかげさまで楽しく下ることができました。

北岳行かれたんですか?うらやましーーーーw
私も今年、行けるかな?

そうですね~
またどこかでお会いしましょ~う!
そのときもコーラで乾杯したいですねーw
Posted by み at 2011.09.19 23:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。