--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.09.11

別世界




えっと、きのうの続きです。
やっぱり長くなっちゃいましたー。スミマセン。



翌日は4時ごろには小屋を出てヘッドライトをつけて日の出を見に行こうと思ってました。

でもだけど、いったん降りだした雨は夜中じゅう止むことはなく
何度も何度も目が覚めて、そのたびに「あーまだ止んでないのかぁ・・」
ガッカリしてまた目を閉じました。

「明日もこのまま雨なのかなー 稜線歩きも無理かなぁ・・」

そんな感じで早々にあきらめモードに入ってしまい、
目覚ましはオフにして、まわりのみなさんが起きだす頃、
5時くらいまで部屋の中でガサゴソと荷物整理などしてました。

すると、あれ?

どうやら雨はあがってるみたいで・・


うっわー 失敗したーーーーーー
(気づくのが遅すぎた)

でもまだ間に合うかもしれない・・


小屋から5分のところにも絶景ポイントがあるということを
教えていただいたのを思い出し、あわてて靴を履きかえダッシュ!!

DSCN0118.jpg


ハァ、ハァ、ハァ、、間に合いました。

すばらしい景色に絶句。
しばらくのあいだ放心状態で眺めていました。


この景色が見たかったんです!
悩んだけど小屋に泊まることにして正解でした。よかったー

DSCN0128.jpg

DSCN0123.jpg

(どうやら雨はもう少し早い時間にすでに止んでいたそうで、
星空もすごかったそうです。うーん、それだけが心残り、、)



小屋に戻ると朝ごはんを食べ終えたみなさんが出発の準備をしています。

先に出かけるつもりだったため用意していただいていたお弁当を、

ひとり食堂で食べましたw

DSCN0149.jpg

 おいしいですねー!(モグモグモグ)
 
 ごはんの量、多かったでしょう?

 あ、やっぱりー? そ、そうですよねぇ・・
 
 ↑そう言われたときにはほとんど食べ終わってた



他のみなさんより少し遅れて私も出発の準備をして
6時半ごろ小屋をあとにしました。

「またきてねー」って小屋のみなさんほんっとーにあたたかくって、

後ろ髪をひかれながら青空のした歩きはじめました。


つづきまーす ↓
この日のメインは地蔵岳~観音岳~薬師岳の稜線歩き♪



ブタの顔?犬の顔?
そんな感じの不思議な木を横目に
DSCN0153.jpg


前日と同じルートを登っていきます。
ズブズブ潜る斜めの砂浜。

雨上がりということで多少グリップがいいような気がするけれど、
でもやっぱり歩きづらい。


でも振り返ればそこにはこんな絶景が!
前日はガスでなにも見えなかったので感動もひとしおです。
DSCN0176.jpg


オベリスクもこの日はバッチリ!
DSCN0171.jpg


いつか登ってみたい山。
やっぱりかっこいいですね。
DSCN0164.jpg


八ヶ岳も見えてます。
なんだか感動。。そしてすでに懐かしい感じがします。
DSCN0189.jpg


観音岳に向かう途中で降り返る。
これは現実ナノダロウカ・・とまた想ふ。
DSCN0199.jpg


岩だらけの道。
でもなんでも今はとりあえず面白い♪
DSCN0200.jpg

絶景の観音岳を通過して、


気持ちいい~~~~
ここだけは思わず走ってしまいましたw
DSCN0212.jpg


薬師岳山頂に到着。

写真を撮ったり、撮っていただいたりしたあとで、
岩にどーんと腰かけて、ぼんやりしたりメールしたり。

しあわせ過ぎる時間を過ごして、、
DSCN0215.jpg


どっこらしょっと♪
ここからいったん鳳凰小屋まで戻ります。

そしてそのあとはドンドコ沢ルートでデポ地まで下ることに。
長そうだけどガンバロー


この山にもいつか登ってみたいなー
DSCN0218.jpg


降り返るとチョコンとかわいく富士山が。
DSCN0219.jpg


ここから小屋までは「近道」で。
DSCN0222.jpg


稜線からはずれた瞬間今までとはまったく違った雰囲気に。
もうちょっと雲海をながめていたかった、、
などと思いつつ鬱蒼とした森の中をずんずんと下っていきます。

最後にはこんなハシゴが登場。
(写真のまんなかのちょっと上のスチール製のハシゴです)

やっぱりちょっとコワかったけど、がんばって下って小屋に到着。

DSCN0227.jpg


朝、ご挨拶してお別れしたのに再び登場してスミマセンw

コーヒーをいただいてお昼にしました。


 あれ?コーヒーたっぷりですねー

 って言ったら、

 これでもう3杯めですからw

 って笑われてしまいました。


たしかにここに来てからこれで3杯めw
このコーヒーがおいしいのは、お水がとても美味しいから?
それに空気がおいしいからカナ?
どーもごちそうさまでしたー

DSCN0235.jpg



もう一度ご挨拶していよいよ下り始めます。



ドンドコ沢ルートは見どころ満載。
途中いくつかの滝を観ながら下ります。

最初に出てきたこの滝が一番感動的でした。
思っていたよりずっと大きくて、
霧の中にぼわーっとその姿が浮かび上がってきた瞬間には思わず息を飲みました。

DSCN0239.jpg


こんな感じのトレイル歩きもやっぱり楽しい
DSCN0245.jpg


この靴はもうダメらしいw
DSCN0259.jpg


トラノオ見るとアイスキャンディ食べたくなります。
DSCN0265.jpg


これはミニチュア・オベリスク??
DSCN0257.jpg


そして、あ。

カミキリくんを見つけてパシャリ。
なにげにカメラ目線ですw
DSCN0248.jpg


なめらかな曲線を描く滝
DSCN0270.jpg


登山道にはあちらこちらにこのような赤い印がついているので
「ん?ここは?」と悩んだときには本当に助かりました。感謝です。
DSCN0273.jpg
DSCN0274.jpg


ドンドココースは大きな岩がゴロゴロしてたり小さな川を渡ったり、
いろいろあってかなーり足にきちゃいました。

後半で「川沿い」か「山沿い」の2つのコースに分かれるところ、
ここは「山沿い」を選んだのですが、けっこー登って、その分けっこー下らされ、
そのおかげで最後には足がヨレヨレ状態w

小屋からおよそ4時間かかって

着いた~ 青木鉱泉だ~~~
DSCN0276.jpg


温泉で汗を流して、サッパリしたー♪


また苦手なガタガタ道をちょっと走って
それから家路につきました。橋のところで振り向いて、

またいつか来ま~す!! ありがとー
DSCN0277.jpg


お腹がグーグーなっていたので
ひとりで街の洋食屋さんに入ってみました。

ひさびさこんな豪華なプァッフェを、いただいちゃったりなんかして♪w

DSCN0286.jpg


と、なんとか無事にあこがれの鳳凰三山に登ることができました。

でも前回の八ヶ岳も今回の鳳凰三山もお天気が良くて
コンディションもよかったからなんとか歩ききれたわけで、

あまり調子に乗らないように、謙虚な気持ちを忘れずに、
これからも山サイのあいまに続けていきたいと思いますデス。山歩き。



うーむ。。 足がしっかり筋肉痛ー

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ




この記事へのコメント
地球が遊び場ですねぇ~!


良い写真ばかりです!(∩_∩)ノ
Posted by リーダー。 at 2010.09.12 00:11 | 編集
あれだけ綺麗な景色を見てしまうとこちらの遊びも
やめられませんね! それにしても写真きれい過ぎて
感動がこっちまで伝わってきますよ!!
ということで、2日間とも、たっぷり読ませていただきました。笑
Posted by guttsuan at 2010.09.12 03:17 | 編集
どもブログ楽しく見させてもらいました。 無事に下山して良かったです。
これからたまに ブログ見させてもらいます。 こちらこそ ありがとうございました!
Posted by JIN at 2010.09.12 12:22 | 編集
壁紙みたいな景色!!
日本にもこんな所があるんだ。
凄い、行ってみたくなりました。
夏だけですか?ここに行っていいのは。
Posted by ナタジゴ at 2010.09.12 19:09 | 編集
いつもコメントありがとうございます。

こうやってあらためて写真を見てみると
たしかにすごいところで遊んでますねー

最高の贅沢かもしれません。。。
Posted by み at 2010.09.12 22:23 | 編集
そうなんですよー
山歩きの楽しさを知ってしまった今、
もっと他の山にも行ってみたい気もするし
でも山サイにもちろんバンバン行きたいし、

頭の中がパニックになってますw

ながーーい文章読んでいただきありがとうございますw
Posted by み at 2010.09.12 22:28 | 編集
こんばんはー
ほんとにブログ見つけてくださったんですね~

山ではいろいろとお話させていただいてとても楽しかったです。
あのあとはテントでお昼寝されたのでしょうか?
(↑それをお聞きしたときはちょっと羨ましく思いましたw)

食べ物とMTBの話ばかりのブログですが
どーぞよろしくお願いします。
またどこかの山でお会いできるのを楽しみにしてまーす♪
Posted by み at 2010.09.12 22:36 | 編集
すごい景色ですよねー
でも、日本なんです。山梨県。
南アルプス、鳳凰三山。標高は2800mくらいです。
インターは中央道韮崎インターが近いと思います。

私も詳しくはないのですがここにあるガイドブックに寄りますとー
秋の紅葉の季節(今月下旬?)もまたすばらしいみたいですよ♪



Posted by み at 2010.09.12 22:44 | 編集
さすがみさん、すごい行動力、2度目でいきなり小屋泊まりですか、となると次に目論んでいるのは避難小屋それとも一気にテント泊?、すでに軽いシュラフ手に入れてたりして(笑)。

 しばらく使っていなかった登山靴を久しぶりに使ったら底がいきなり剥がれたっていう事故意外と多いですよ。
 気をつけた方が良いです。
Posted by IK at 2010.09.13 04:53 | 編集
小屋に泊まるのはもう少し慣れてからにしようかなーとも思ったのですが、
たまたま連休が取れたので憧れの鳳凰三山にがんばってチャレンジしてみましたー

このあとはまた日帰りで行ける山を探したいと思います♪

靴の件はそうですよね。注意しないと危険ですよね。
もし途中で完全に壊れてしまったら大変なことになってしまう。。。
これからはもっと気をつけたいと思います。

Posted by み at 2010.09.13 23:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。