FC2ブログ
2010.07.22

陽のあたらない場所




あ~~んまりにも暑いので、、、
なんとか涼しく山サイを楽しめる方法はないものか、、、

グネグネと考えてました。きのうの会社の昼休み。


先日山に行ったとき車道を少しだけ走ったのですが、
そのときの暑さがほんとにキョーレツだったので

今回は、まず車道は避けて、
それ以外もできるだけ陽のあたる場所は通らなくて済むような、
そんなルートを探してみました。

暑さに弱いワタシなので、熱中症にならないように
ペースはゆっくり。休憩多めで。
こまめに水分を補給するように心がけるようにして。


まず、なるべく陽のあたる場所を通らないようにするために
→最初から森に逃げ込む作戦w



湖畔に車を停めてスタートしたら
ちょっとだけ林道を走りましたが(ここが一番暑かった)
20分後にはさっさと森の中へと身を隠すことに成功w

DSCN8976.jpg


思ったとおり木陰はとても快適でした♪
汗はダラダラ流れていても体感的にはあまり暑くは感じません。

こんな感じの広い登山道が続くのでほとんど担ぐコトもなく
「押し」か「乗車」でのぼって行けます。

このルート、過去に下ったことはあるのですが、
のぼりに使うのは今回がはじめて。

山頂からのびやかに続く尾根が有名ですが、それを走ると暑そうなのでw
そして下山後舗装路でデポ地へ戻るのも、それもトッテモ暑そうなので
今回は山頂までピストンすることにしたんです。


右から来て、
左へと。

DSCN8995.jpg

帰りはこの後ろ側からやってきて、
右の道へと下って行きます。
(この部分だけちょっとアレンジ)



DSCN8993.jpg

目玉のおやじ風・・きのこ。



DSCN8998.jpg

山頂手前でいよいよ尾根上に出ました。
照りつける太陽にタジタジですw

と同時にアブの集団に取り囲まれてしまって、
こっちもタジタジw


DSCN9019.jpg

お昼ちょうどに登頂~

山道では数人のハイカーさんにお会いしておしゃべりしたり
励ましていただいたりしましたが
山頂は貸し切りでした。ちょっと寂しいw


DSCN9008.jpg

今日もチョウチョがお友達w


DSCN9017.jpg

30分ほどウロウロしてたら寒くなってきちゃったので
下りはじめることにしました。

じっくりのぼってきた道をあっというまにダウンヒル。
全部で4時間半くらい。
ピストンって、いつもはあまりやらないけれど
たまにはいいかもしれないなーと思いました。

木陰率はおそらくきっと、90%くらいだったと思いますw


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する