--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.12.17

ちょっと気になる八五郎。



ずいぶんあいだがあいてしまいましたが、
先日の九鬼山の続きのハナシでゴザイマス。

DSCN7165.jpg 

さて、お次は馬立山へと向かいます。

 
DSCN7170.jpg

しばらく続く幅の狭いトラバースは
足元に気をつけながら、一歩ずつ。

こーゆー雰囲気も好きだな。いいなぁ~
右側は深い谷。

DSCN7168.jpg 

冬色。ほんわり。癒し系。

DSCN7198.jpg

こちらも、ほっこり。癒し系。

DSCN7175.jpg

春になったらこの斜面にはいろんな花が咲くのかな?

DSCN7174.jpg 

ねっ。

DSCN7176_20131211234744e39.jpg 

陽が当ってきれいな山なみ。
これからあっちに行くのかな?

DSCN7179.jpg 

お♪ 明るい場所に出ましたー
 
気持ちいいなぁ~
鼻歌まじりにサクサクと歩いて行くと、

DSCN7185_201312112349589dc.jpg 

広いところにひょっこり出ました。コンバヤスンバ 。素敵なヒロバ。

持っていた地図では紺場休場となっていましたが、
プレートには紺屋の休場と書いてありました。

DSCN7190_20131211234957d4e.jpg 

再度、かっこいい富士山。

DSCN7195.jpg 

札金峠を越えたあたりで咲き残りのツツジ?発見!
なんだか不思議・・・。いつからここに咲いてるの??? 


DSCN7202_20131211235226f59.jpg

登りの途中で振り返ってみた九鬼山。
むか~しむかし、あの山に、9匹の青鬼が暮らしていたとか、いないとか。。。

DSCN7200.jpg 

冬枯れの、森でなければ気づけない、ムラサキシキブの小さな実。

DSCN7205.jpg 

馬立山の山頂は絶好のくつろぎスペース ♪

おしりのサイズに合いそうな石を探して、(つまり、なるべくでっかいやつw)
ズンと腰を下ろしました♪

ポカポカしていて最高ー
馬立山・・来年は干支の山として人気が出たりするのかな?

DSCN7204.jpg 

今回はいつも使ってるグローブ(左)に加えて、もう1つ持ってきました(右)。
去年「ご来光待ち用」に試しに買ったものなのですが、これがなかなか重宝しました♪

寒い時には2段構えでほっかほか♪
ちなみにこれはとなりのスーパーで購入しました。1000円ちょうどw

DSCN7206.jpg 

馬立山をあとにして次は御前山へと向かいます。

ここでケータイが鳴りました。
修理に出していた車(スパちゃん)がどうやら無事に戻ってくるらしい。

もうすぐ走行距離が20万キロに達してしまうオンボロ車なのですが
大好きな車なので手放さないで済むことになってよかった♪

ということで、うれしい気分でさらに先へと進んで行くと、

DSCN7207_201312112352222c5.jpg 

八五郎のクドレ の大岩を巻いて進む登山道。
ところで八五郎ってどんな人? それともこの岩の名前が八五郎?

DSCN7210.jpg 

御前山のてっぺんは岩岩で、そこからの展望はベリーグ~。
歩いた稜線&九鬼山がよく見えます。

DSCN7214.jpg 

高畑山でしょ。倉岳山でしょ。立野峠はあのあたり?
しばし景色を楽しんで。

DSCN7216.jpg 

ここ、正解は、まんなかをクグルw

DSCN7217_20131211235442577.jpg 

かわいい道標がありました。絵の具の色がいい感じ♪

ちなみに駅へと向かう道はなかなかの急こう配。
下るのは大変だけど、登るのは楽しそうです。
今度は逆に歩いてみるのもいいかもしれない。。。ふーむふむ。

DSCN7219.jpg 

このリボンを結んでくださった方は、おそらくとても几帳面な方に違いない。

DSCN7222.jpg 

落っこちていた、ハチの巣。お留守。

DSCN7223_20131211235440112.jpg 

さて、人間界へ戻りますかね。
ここから猿橋駅まではほどなくでした。

今回歩いた道のりは低山ながらもいろいろ変化に富んでいて、とても楽しかったので
鼻歌まじりに、ニヤケ顔で、歩くシーンが多かったです。(変なひと)


春になったらまた来ようかな♪
夏はきっとつらいだろうなぁ~

盛夏のみゆき尾根、っていうのもちょっと興味あるケレドw
 


スポンサーサイト

Posted at 16:02 | やまあるき | COM(0) |
2013.12.13

ペンギン??



月曜日。
今回は禾生駅から猿橋駅まで歩いてきました。

大月駅で富士急行に乗換えます。
富士急行はパスモが使えないということなので、窓口で行き先を伝えて切符を購入、(なんだか新鮮!)
駅員さんにパチンとハサミを入れてもらいました。(これも新鮮!!)

旅人気分で禾生駅に降り立つと、



う、・・・さっむい!

 

電車の中は暖かかったので 余計寒く感じたのかもしれません。
気温はマイナス1℃。

まずはここから九鬼山を目指します。


DSCN7130.jpg 

素敵なアーチ型のレンガの橋 がありました。

DSCN7134_20131211234415d7b.jpg 

遠くに見える山並みが、ピンク色に染まってきれい♪

DSCN7140.jpg 

はじめの分岐は右をチョイス。
そのつぎの分岐が来たら、それも右。

杉山新道2号路(みゆき尾根)。

今回のお目当てはこの尾根を歩くこと。
前の日にネットで見つけたんです♪


1号路に比べるとあまり人が入っていないらしく、
ヤブだらけ とか、 まるで廃道みたい とか、
そのうちに道が無くなってしまうかも、、とか、

どうやらょっとかわいそうな存在のようですが・・・

DSCN7143_20131211234414714.jpg 

私は好きです。こーゆー雰囲気。
ゆるやかに標高を稼ぐ、ふかふかの落ち葉みち。

たしかに最初がヤブヤブだったり、途中がちょっとヤブヤブだったり、
最後のところがヤブヤブだったりしたけれどw

DSCN7145.jpg 

倒木があると、それを避けるように新しい道(踏み跡)ができている。
だいたいはそれに従い新しい道を使わせていただいて・・、でも、
時々あえて古いほうを辿ってみるのもおもしろかったりなんかして♪

↑ そこで見つけたたからもの。(ちいさめ)

DSCN7148.jpg 

弥生峠で1号路と合わさります。
目的は果たせたから、もうここから引き返してもいいんだよなー などと思いつつw先に進みます。

ところでこの先の道でちょっとびっくりしたことが。
それは「地面の硬さ」です。
歩くたび、足の裏に伝わってくる感触がさっきまでとは明らかに違うんです。

よく踏まれている道と、あまり人気のない道ではこんなにも違うのかぁ~  

DSCN7149.jpg 

すっかり感心しながら歩いていると、頭の上にはま~るい柿が。(え?柿が?!)

DSCN7158.jpg 

さらに進んで富士見平にやってきました。
墨絵のような冬の富士山。キリリとしていてカッコイイ!

DSCN7153.jpg

えっと・・・これは・・なんダッケ??

DSCN7161.jpg 

九鬼山の山頂にあった温度計 。
SHINWAというメーカーなのかな?ロゴマークの「とり」がかわいい♪ (って、そこかいっ)



つづく



Posted at 19:21 | やまあるき | COM(4) |
2013.12.02

よく効きます


木曜日に梁川駅から四方津駅まで歩いてきました。

 

駅で降りたのはわたし、たったひとりダケ。あらら、なんだか寂しい感じ・・w
パスモをピッして、改札抜けて、誰も居ない待合室でとりあえず・・
缶コーヒーを飲みました。 ←寝ぼけ覚まし

DSCN7002.jpg 

登山口まではしばらくのあいだ舗装路を歩きます。
この道を歩くのはもう3回目。

はじめて来たとき、ここでジョウビタキが囀っていたんだよなぁ~
2回目に来たとき、ここにジュウニヒトエがたくさん咲いてたんだよなぁ~

いろんなコトを思いだします♪

DSCN7016.jpg 

大好きな月夜根沢沿いの道を歩くと
立派な巨木、トチの樹が、沢の向こうにも、こちらにも。

DSCN7033.jpg 

落ち着く~~♪
毎日の、都会の喧騒、うそのよう。

DSCN7039.jpg 

立野峠の道標がピカピカになっていました。
前回来たときナナフシの赤ちゃんが居たところ。

このすぐ先に楽しみにしていたことがあったのですが・・・
この日は暖かったので、残念ながらボツでした。

DSCN7059.jpg 

とはいえ、楽しい尾根歩き♪

DSCN7069.jpg 

ふと立ち止まって見上げると、大きな雲が悠々と流れていました。

DSCN7078.jpg 

今回はベーシックタイプなりw


DSCN7096.jpg  

細かいアップダウンを繰り返す尾根道で

DSCN7093.jpg

思いがけず出会えた可憐な白い花♪
 
DSCN7097.jpg 

コウヤボウキのフサフサがたくさん見られたあたりでは、

DSCN7089.jpg 

生成色の小さい蝶がハラハラと舞っていました♪

枯れ葉がハラハラ舞い降りてくる中で、この小さな蝶が不意に地面から舞いあがると、
一瞬「あれ?」って思うんです。

蝶じゃなくて、もしかしたら蛾の仲間?・・なのかな???

DSCN7105.jpg 

さらにアップダウンを繰り返して
高柄山までやってきました。

 草臥れた~ だけど空がトッテモきれい!
誰もいない山頂で風に吹かれてひとやすみ。


そして下りに選んだのは千足沢沿いの道。
はじめのうちはザレた九十九折れだけど、そのうちに沢に寄り沿うようになっていきます。

DSCN7109.jpg 

なめ~

DSCN7111_201311292240101b5.jpg 

そんでもって、気が付いたら山道は終了~

DSCN7118_20131129224010a2a.jpg 

民家のわきを通ります。とても雰囲気のよいところ。
どこのお家にも軒先には吊るし柿がありました。
 
DSCN7125.jpg 

そしてこの橋を渡ったら四方津駅まではもう少し。
ホームで電車を待つあいだ、また、ミルクティーを飲みましたw


私の職場は今がちょうど繁忙期。毎日バタバタしています(汗)
その毎日と、山で過ごす緩やかな時間のギャップが激しくて・・w

リフレッシュ? デトックス?
いえいえ、もっと。それ以上。

大変なのは、あとひと月!よし、がんばれる。がんばろう。



Posted at 19:12 | やまあるき | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。