--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.07.26

火曜の朝は

今日は火曜日。
朝ツーに参加しました♪


ショップからスタートしたのは全部で4名。
定番ルートをぐんぐん走って、Fの森へと向かいました。

2週間ぶりに訪れた森はグッドコンディション。

「やっぱ、ここは楽しいねー」って言いながら、
こっち側からあっち側まで走り抜けたところで、ちょっと立ち話。


でも止まると汗が流れてくるのでぇ~

「ちょっと涼みに行ってくる」
とか言いながら、もう一度森の中へ。

で、ちょっと走って、戻ってきてまた立ち話w


そーこーするうち、お2人が合流して6人に。
と思ったら、いつのまにか7人になっていました。
(最近このパターンが多いw)


人数が一気に増えて、
そのあともわいわいみんなで、楽しい朝のひとときでした、がっ


なんか、どーも、変な感じがするなぁ~~
と思ったら、

部様のいつもの「ガハハハハー」という
あっかる~い笑い声、それが足りなかったんですよね。





部様!早く復活してくださーーーーーい!!

火曜メン一同、首を長くして待ってまーす。



やっぱり部様がいてくれないと。

火曜の朝ははじまらないス。


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

スポンサーサイト

Posted at 23:59 | MTBのコト | COM(0) |
2011.07.25

オトナ・ナナフシ


きのうは午後から里山ライド。

ひさしぶりにMTBに乗ってきました。

今にも雨が降り出しそうな灰色の空の下。
でも、そんなにムシムシしてなくて、
風が吹きぬける所では、
それなりにさわやかで、

やっぱ、MTBは楽しいなぁ~♪

なんて思わずニヤけ顔w



山を歩いているときの思わずニコニコしちゃう感じと、
MTBに乗ってるときのなんとも言えないうれしい気持ちは
似てるけど、ちょっと違くて、

山歩きは「ニコニコ」だけど、
MTBは「ニヤニヤ」なんです。

わからないけど、なんとなくw





舗装路を走っていたら、
道のドまん中を‘すごいの‘が歩いてました。

15センチはありそうな、それはでっかいナナフシでした。

うわ、でっか~!
ナナフシって、こんなに大きくなるんだ・・(感心)


だけどこんなひらけた場所を歩いていたら
擬態の意味がないデショー、ねぇ、ナナフシさんw




と、次の瞬間、こっちに向かって1台の車が!!

!!!!!

大急ぎで抱き上げて道端に避難
→無事でした。(ふ~)


DSCN1412.jpg


「助けてくれて ありがとう」

と、ナナフシが言ったかどうかはわかりませんがw
ペチャンコにならなくてよかったー

そんなきのうの午後でしたw



走り終わってMTBを片付けて、

そのあと少し、川辺でぼえ~っとしてました。

DSCN1414.jpg


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



Posted at 23:59 | MTBのコト | COM(4) |
2011.07.20

きんちょー感と、あんど感



その夜は8時ごろには横になりました。

はじめのうちはまわりの人のいびきと寝息をBGMになかなか眠れなかったけどw
しばらくすると、いつのまにか夢の中へ。

夜中に一度トイレ(建物の中にある)に行って、
そのついでに外の様子を見に行きました。

外は空気が冷たくて、とても静かで気持ちよくって、
でも、星空は「ふつう」だったのでちょっとがっかりw
月が明るすぎたので星は目立たなかったのかも?

午前4時。
「おい、もう、起きたほうがいいよ。」

おとなりのご夫婦の会話で目が覚めましたw
わたしも慌てて外にでました。デジカメと上着をサッと握りしめて。

う、靴が、、うまく履けない、、、w
そして、



49.jpg

うわーーー

48.jpg

八ヶ岳と富士山と南アルプスがずっと遠くに見えてます。

50.jpg

上高地方面。
遠くには乗鞍岳が。その奥には御嶽山も見えていました。
きれいだなー

51.jpg

と、「そろそろ来るよ!」
の声にあわてて振り返るw
おおーーーーー

53.jpg

槍&穂高連峰も朝の光に輝いて。。。

54.jpg

寒かったので、手のひらを太陽にw
こうするとポカポカと暖かくってしあわせな気分。

55.jpg

は~~、山はいいな~
この色彩、特に好きかも。

56.jpg

大自然のショータイムをたっぷりと楽しんだら
すっかり体が冷えてしまったのでもう一度布団の中へw
う~ん、しあわせ♪

57.jpg

窓からの、、サンシャイン。



朝ゴハンは持ってきたパンと、
それからヒュッテで淹れていただいたあつあつのコーヒーを
地図を眺めながらのんびりといただきました。

このあとはもう三股まで下るだけ。
少し周りを散策してから行こうかなー、って作戦をネリネリ。

58.jpg

そして出発!
まずは記念にお世話になった「蝶ケ岳ヒュッテ」をパチリ。
またきまーす!

左の高みにチョコンとあるのが蝶ケ岳の山頂です。

59.jpg

テント場の横を通過。
海辺みたい。気持ちよさそ~~

60.jpg

すっきりクリアー、朝の空気。

61.jpg

山頂ー

62.jpg

鳳凰三山もちゃんと見えます♪

63.jpg

圧巻。


66.jpg

このあとに、まずは「妖精の池」まで行ってみることにしました。
徳沢方面に少しだけ下って行くとー
着きました「妖精の池」。ほほう。

67.png

で、Uターンw
朝日に向かって登り返しはじめると、
足元から小さな羽虫が急にワッと舞い上がり、
そして目の前をふわふわと飛んでいきました。けっこうな数。

「妖精って、これかー」
と、勝手に納得。え?そうじゃなくて?w

68.jpg

絵葉書チックな1枚。
(左上に妖精の影がw)


70.jpg

一度戻って今度は大滝山方面へ。
ヒュッテでご一緒させていただいた方に
「ちょっと行くとお花がきれいに咲いてますよー」という
情報をいただいたので行ってみることにしました。

71.png

はじめて見た花。サンカヨウ?

72.png

黄色い花がたくさん咲いてるお花畑もありました♪

池も見たし、お花も見たし、
さーて、そろそろ戻りますかね。



73.jpg

ここから「まめうち平」経由で三股まで下る道は
快適で楽しくて、良い感じの道でした。

74.jpg

3連休前の平日だったのですが、登ってくるかたがたくさんいらっしゃる時間帯だったので
途中全部で30名ほどの登山者とすれ違いました。

いろんな方とお話をしましたが特に印象的だったのが、

この春に胃の手術をして今回が初めての登山で・・
まだ無理はできないんだけど、やっぱり山はいいねぇ~
と話してくださった白髪交じりの男性と、

前回は向こう側(大天井岳)から常念岳まで歩いたから、今回はこちら側から歩くことにしたの。
とキラキラと瞳を輝かせながら話してくださった上品な雰囲気の年配の女性。

みなさん本当に山が好きなんですね♪

ナウでヤングなグループにも何組か会いました。
う~ん、パワフル!若いっていいなーw


75.jpg

後半出てくる力水。
ここで顔をパシャパシャしたら疲れが一気にふっとびました♪

78.jpg

最後の林道。
一日目の朝、緊張しながら歩いた林道に戻ってきました。
出発のときの、ものすごい緊張感と、帰ってきたときの、このなんとも言えない安堵感。



10時50分下山。
駐車場は「真夏」でしたw


そのあとは温泉にのんびり浸かって♪
お昼はおいしい信州そばを♪

79.jpg




前半ちょっとくじけそうになったけど
終わってみれば最高の山旅でした。
もう1週間になりますが、まーだ余韻でふわふわしてます。

は~ 

次はいつ行けるかな~



にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ




Posted at 23:59 | やまあるき | COM(4) |
2011.07.19

山の話の続きの話



21_20110717222558.jpg

常念岳から蝶ケ岳まで地図に載ってるコースタイムは約4時間。
滝のような汗をかきながらここまですでに5時間ほど歩いてきて、
それにさっきの岩稜地帯で気持ちがちょっとお疲れモード。。

「この先けっこう大変ですよー アップダウンもたくさんあるしー」
と、そんなアドバイスをいただいたこともあって、
今はまだ元気だけれど、このあとちゃんと小屋まで行くことができるだろーか?
急に心配になってきました。
それに雷も心配でした。
稜線歩きの最中に、もしカミナリ雲が発生したら・・・

今夜は常念小屋にお世話になって明日の朝、蝶ケ岳を目指したほうがいいかなー

パクリ(←まだアップルパイをかじってるw)



しばらく悩んでいましたが結局は予定どおり、蝶ケ岳ヒュッテを目指すことに決めました。

行くと決めたら楽しまないと♪

22.png

まずは一気に急降下。
足元がサラサラしてて滑りやすいところもあるので慎重に慎重に。

23_20110717222558.jpg

下りも気を使うけど、
登ったら大変だろうな?ぜぇぜぇしそう。

24.jpg

すこし進んでは立ち止まって、ほえ~♪

25_20110717222557.jpg

スマイリー

26.png

急な下りがやっと終わってひと安心。

今、辿ってきた道。
ちょっとうれしい。

32_20110717222735.jpg

このあと場面は一転し、樹林帯の中に入って行きます。
樹があると、緑があると、安らぎますね。
お花もたくさん咲いていました。

28_20110717222647.jpg

繊細

29.jpg

コバイケイソウ

30_20110717222646.jpg

ときどき振り返ってミル。
「思い出の山」がまたひとつ増えました。

31_20110717222645.jpg

いや~それにしても暑いッスw太陽の光がジリジリと・・
こまめに水分摂ってても心配になるくらいの、ものすごい汗の量です。
大丈夫なのか、自分w

34_20110717222735.jpg

すると、おや、こんなところにてんとう虫が!
と思ったけれど、これ、てんとう虫じゃないですね。
なんだかやけに大きくて、目つきが悪い(ように見える)模様がちょっと面白いw

35_20110717222735.jpg

そして樹林帯を抜けるといよいよたおやかな風景が現れました。
ここからは最高に気持ちいい稜線歩きが待っているハズ。
うきうきしながら歩いているとー

はっ!なにやら不吉な黒い雲が湧いてきてるのを発見!
うわ、まずい。それは困る。
ととととととと、とととととー
今までのんびり歩いてたのに、ここからは早足で。
逃げるようにしてヒュッテにたどり着きました。
(なんだ、まだまだ動けるじゃんw)

36_20110717222735.jpg

あ、カミナリは大丈夫でした。
この日は雷雨はナッシング。

37_20110717222734.jpg

受付を済ませて、部屋を案内していただいて、
ごはんまで小屋の外でのんびりしたり、
少し頭が痛かったので布団の上でゴロゴロしたりしてました。

38.jpg

憧れの蝶ケ岳ヒュッテは清潔で快適な小屋でした。
スタッフのみなさんもとても親切。
受付をしてくれた女の子、かわいかったなぁ~(しみじみw)

39_20110717222819.jpg

5時半からはお待ちかねの夕ご飯♪
ごはん&お味噌汁はおかわり自由でおかずも全部おいしかったデス。
信州サーモン、ぜいたくぜいたく。

40.jpg

夕焼けまではもう少し?
朝はあっちから歩いてきました。

41_20110717222819.jpg

槍&穂高連峰

42.jpg

安曇野は雲の下。

43.jpg

きれいだなー

44.jpg

おもしろい形の雲と丸い月。
じーっと見てるとこの雲の中にはビカビカー!っと稲光が。
「ラピュタみたいだ・・」「竜の巣だ・・」
たしかにそんな感じでした。

45.jpg

ちなみにヒュッテでは1リットル150円でお水を分けていただけます。
お金を入れてセルフサービス。

46.jpg

だいぶ暮れてきましたー

47.jpg

おやすみなさい。また明日。



と、ここまで書いたら睡魔が、、w
うーん、なかなか終わらなくってすみませんw


ところで今日はオヤスミでした。
先週に続いて火曜ツーに参加する予定だったので、準備はばっちりしてあったのですが・・
雨で残念ながら断念(涙)

でも早く行けば走れたのかな?
ちょっと失敗したかなー???


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Posted at 23:55 | やまあるき | COM(4) |
2011.07.17

蝶ヶ岳ヒュッテ



  蝶ヶ岳ヒュッテ



って、なんだかすてきな響きだなぁ~

と思ったコトも
今回のルートを決めたきっかけのひとつでした。


今週は木金が2連休。
長野の山に行ってきました。

三股の駐車場に車を停めて、常念岳&蝶ヶ岳をぐるっと巡る周回ルート。
前々から気になっていて、この夏、もしチャンスがあったら
行ってみたいと思ってた憧れのルートです。



当日は午前0時にガサゴソと家を出ました。
睡眠時間は2時間弱w

4時半ごろ現地に到着。でも着いた瞬間、ホッとしてグー。
急に睡魔がやってきて少し寝てしまいました。
(うー、早く家を出た意味がナイw)

結局はスタートしたのは5時半くらい。
最初少しだけ林道を歩くのですが、スタート直後ってほんとにいつも、ものすごーく緊張していて
期待<不安 そんな感じで。




この先で道は2つに分かれます。
常念岳へ行く道と、蝶ヶ岳へと向かう道。

私は蝶ヶ岳ヒュッテに宿泊してみたかったのと、
2日目はなるべく早めに下山したいと思ってたので、
常念岳→蝶ヶ岳の順にまわることにしました。


3_20110717222309.jpg

まずはこんな感じの森の中をグングンと登って行きます。
途中で(また)サルに会いました。ウキー

眺望のない単調なノボリが続きます。ぜぇぜぇ・・


4_20110717222309.jpg

と、不意に、木々のあいだに一瞬ちらりと稜線が!
おおーーー

そのうち今度は平坦な部分があらわれて、
ぬかるみをよけたり、よけきれなかったりしながらしばらくのあいだ進んで行きます。

歩きながらなにげなく掴んだ樹の幹がベトベトだったりして。
ひえ~~なんて、思わず飛びのいたりなんかしてw
(何やらマツヤニのようなものが手についてしまいました)

そんでもって、そのベトベト、意外なコトにメントール系の匂いがしたので驚いて。
あれはなんの樹なんでしょー?

森には不思議がいっぱいデスネ。


5.jpg

5人組グループ


6.png

いよいよ稜線が、はっきりと見えてきました。
ガスがあがってきちゃっているので、この先が少し心配。
もしかしたら上はガスガス?
絶景見ることできるだろうか?

このあとに岩ゴツゴツのよじ登りセクションが現れるのですが、
正直わたしはコワかったです。

8.png

赤いペンキマークをたどって行けば、
うまい具合に登れるようにちゃんとできているのですが、
もしここで足場が崩れたらどうしよう、、とか。
掴んだ岩がもし動いたらどうしよう、、とか考えたらオソロしくなってしまって。

慣れた人ならヒョヒョヒョヒョ、ヒョーーイ
と行けちゃうのかもしれないけれどw


9.jpg

こんな風に樹のあるところは少しホッとできるけど。

10.jpg

すごいとこに居るなぁ、、(しみじみ)

11.jpg

避難小屋につきました。山頂まではあと1時間?

12_20110717222352.jpg

かわいらしいお花たちに励まされながら

13.png

ひたすら岩のみちを往く。

14_20110717222507.jpg

すると、あ!!!なんか見えてきましたよーーー♪(奥のほう)

15_20110717222507.jpg

じゃじゃーーーん!出ました、槍ヶ岳!
思わず息を飲みました。

かっこいいなぁ~



このときの槍ヶ岳の印象は「蒼い山」

山肌がコバルトブルーっぽく見えたんです。
写真で見るより、ほんとはもっと。

16_20110717222507.jpg

生きもののような雲。

18.jpg

こっちも素晴らしい景色。



山頂には数人の登山者がいらっしゃって
それぞれ思い思いの時間を満喫されていました。

私もそのかたわらで、
持ってきたアップルパイ(インター近くのデイリーマートで買ってきた)
をひとくちパクリ。

うま~~~♪

17_20110717222506.jpg


でもじつはこのとき悩んでたんです。

予定通り「蝶」に向かうか、

先に進むのはもうやめて、
ここから少し下ったところにあるという常念小屋に逃げ込むか。


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



Posted at 23:59 | やまあるき | COM(4) |
2011.07.12

暑いし、かゆいし、でも楽しー


ひさしぶりに火曜朝ツーに参加してきましたー


今日は部様はご多忙につきご不在とゆーことでしたが(残念)

でもきっと誰か来るかな。
もしかしたら5~6人くらいは集まるんじゃないかな?なんて、
うきうきしながら車でお店に向かいました。


それにしても、朝から暑い!w

早朝5時から走る人の気持ちもよくわかります。
(私はちょっと無理だけどw)


靴履き替えて、
虫よけスプレーシューシューやって、
よし、これで、準備万端。

そして7時。

シーーン。。。。


あら、誰も来ませんねぇ、、、w


一瞬、曜日を間違えたかと思いましたが
まぎれもなく今日は火曜日。

こんな日もあるんだなー
ひとりで走ることにしました。



MTBで風を切って走るのはやっぱり爽快!
なんとも言えず気持ちいい♪

砂利道、あぜ道、土手の上。
多少空気が生ぬるくっても、
空がこんなに曇っていてもw

朝ツー2

定番のルートで森へと向かいました。



森に入るとちょっと離れたところから
話し声が聞こえてきたので、
あれ?誰かいるのかな?と思って近づいて行ってみると、

あ!こうじさんご夫婦&ミトメさんだー

うわーおはようございます~

みなさんは直接車で来たそうです。


それからは一緒に森を楽しく走って、
みんなで「ヤブ蚊」の餌食になってw
(↑虫よけスプレー効果ナシ?)
それからミスドでまったりとおしゃべりしました。


ひさしぶりの火曜日朝ツー
みんなと合流してからはもうずっと笑いっぱなしで
穏やかなヨイ時間を過ごすことができました。


いや~、イイっすね。
楽しいッスね~

やっぱ、N田はいいッスねー


朝ツー


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ




Posted at 22:37 | MTBのコト | COM(0) |
2011.07.10

どうしてここに?!


えっと、きのうの続きデス。

そんなわけで、ちょっと後ろ髪をひかれながら小屋を出発。
時刻はたしか11時をまわったくらい。

このあとまずはお地蔵さんに会いに行きます。
待っててねーオベリスク!!



しばらくは森の中を歩いて行って、
そしてお次にやってくるのは、あの、雲上の白い砂浜。
(かなりけっこう急斜面w)

絶景まではあとちょっと。
がんばって登らなくっちゃ。



と、思ったちょうど、その時に、

前方から男性がおひとり、こちらに向かって歩いてくるのが見えました。


(あ、今日はじめての登山者さんだ。。)

こんにちはー

こんにちはー



!!!!!!



こんな偶然あるんでしょうか?!

その人は去年9月にここ鳳凰三山でお会いして、お話させていただいた、
まさに、その人、だったんです。すごい!ビックリ!!なんで?どうして?
どうして、ここに、ここに、今日いるんですかーーー???☆※△w


不思議なコトってあるもんですねー

なぁんてしばらく立ち話。

あんまりびっくりしちゃったもんで、
そのあとの砂地のノボリの記憶があまりありませんw

18.png



20.jpg

そーこーするうち、オベリスクがドーンと目の前に現れて、



21.jpg

♪いーちねーん、ぶりーだね~~~
(いや、正確には10カ月ぶりw)


22.jpg

お地蔵さん越しにのぞきこんだ甲斐駒ケ岳。
・・はガスに隠れてしまってますねー

吹き上げてくる風がここだけ特別に強くって、少しこわいくらいでした。


23.jpg

出ました、北岳!美しい~~

残雪の描く模様がかっこいいです。


24.png

深い緑に、映える白砂。


25.jpg

八ヶ岳方面♪ 今年もまた行けるカナ?


26.jpg

まるで「巨人の横顔」、のようなカタチの岩を発見。


27.png

だいぶ進んできちゃったようです。地蔵岳はいつのまにかあんな遠くに。


28.jpg

かき氷のいちごシロップを思わせるピンク色。

この花は最後はハラハラ散っていくのかと思いきや、
かたまりのままボテボテ地面に落ちるタイプなんですね。。。

ボテボテあちこち落ちているのは、ちょっと意外な光景でした。


29.png

富士山は雲のあいまに見え隠れ。


30.jpg

いろんな形の雲の共演。

町も見えます。今朝車で走って来たのはあのあたり?
今朝あの辺のコンビニにいた自分、それが今はここに居て。

・・山登りって・・すごい・・


32.jpg

ザクザク ザクザク、砂を踏む音、心地いい。


33.jpg

空は青いし、言うことナスです。


34.jpg

健気。


35.jpg

そしてキリリと白峰三山。
目の前にずっしりと横たわるその山容を眺めていたら

日ごろの私は小さいことを気にし過ぎなんじゃないかなーって、
そんな風に思えてきました。

うん、そうだ、もっとおおらかに生きないと。。。
(ムズカシーけど)


36.jpg

薬師岳山頂は広々として気持ちよくって、
またもや睡魔が、だけどでも、

このあとまだまだ長~い下りが待っているので長居は禁物。
残念だけど空中漫歩はここでおしまい。さようならー

今回は中道コースで標高を下げていきます。


37.jpg

樹林帯をぐんぐんと。

だけど予想はしてたけど、この下り、私にはけっこうキツかったです。

根っこは滑るし、石は滑るし、なんとなく頭がガンガンしてくるし、
途中何度も足が止まって休憩ばっかりしてました。

1700mを切ったころから頭痛はとれて少し元気が戻ってきたので
もしかしたら高山病?
あとは寝不足のせいもあるかな?
(今回の反省点)



で、途中、笹の生い茂った場所があります。

なんだか、熊が出てきそうな・・・(汗)




!!!!!

38くま


出てきそう、、

じゃなくて、出た!!

ほんとに出ちゃった!!

どど、どうしよう!!(大汗)



距離をおいたまま、熊鈴を全開に鳴らしてみたら、
一瞬耳がピクリと動いたような気がしたけれど、
一向に動き出すようなそぶりは見せず、

とはいえ、そっちに行かないと下山することができないので、
おそるおそる様子を見ながら近づいていきました。




・・あれ?



なんだー ただの枯れ木じゃないの?!

まったく!お願いしますよぉぉ~~~~~w(大汗)



って、あなたが勝手に見間違えただけですからw

耳、動いたりしてませんからw



とまぁ、熊は「にせもの」で助かりましたが、
そのあとに猿の軍団に遭遇したのが怖かったです。

ウキー

39.jpg

下りのルートの最後のほうは、こんな感じの林道歩き。

なかなか雰囲気のイイところ。
だけどすでに足はボロボロ、疲労困憊グッタリタリw

デポ地に着いてホッとしました。
さぁ、温泉入ってさっぱりしよう!



今回はちょっと車で移動しておとなりの御座石温泉へ。

熱めのお湯が疲れたカラダにちょうどよくー♪




そしてこんなステキなオマケまで♪

41.jpg


日帰り山行、よかったけれど、せっかく上まで登ったのに、
その日のうちに降りてきちゃうのはやっぱりちょっともったいような気も。。。

今度はやっぱり泊まりたいな。。
今度はどこに行こうかな。




とはいえ2度目の鳳凰三山、天気も良くて最高でした!

いろんなコトに感謝です。ありがとう。


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ








Posted at 23:59 | やまあるき | COM(6) |
2011.07.09

鳳凰三山ワンスモア

トップ

もうそろそろ、
そろそろ今年も大きな山に行きたいなー

そう思って最近は、雑誌を見たり、山と高原の地図をジーっと眺めたりしてました。

そしてきのう、金曜日。

今年の夏山第一弾は感動のあの場所へ。
あの絶景にもう一度会いたくて鳳凰三山に行ってきました。

ほかに南八ヶ岳とかも考えていたのですが、
美しい写真満載の鳳凰小屋さんのブログを毎日見ていたら
うずうずしてきてしまったものでw



2時に起きて窓の外をのぞいてみるとー
予報通り、外は雨。

いいの、いいの。
夜明け前には止むハズだから。


ガラガラの高速をスイスイ走って現地まで。
現地に着いても雨でした。

いいの、いいの。
もうちょっとで止むハズだから。


スタート予定の5時半になりました。
ポツポツ・・ポツポツ・・車の屋根をたたく雨音。

おかしいなー(汗)w


1_20110709213539.jpg

しばらくそこで悩んでました。
カッパ着てスタートしようか、
それともここで雨がやむまで、もう少し待ってみようか。。。

どうしよっかな、どっちがいいかな。

なぁんてウダウダしているうちに、
雨はほとんど止んだので(お♪)

6時20分。
やっとスタート。
今回はドンドコ沢コースから鳳凰小屋を目指します。


2.jpg
このコースマップのイラストかわいい!


3.jpg

雨あがりの森の朝。
しっとりしていて気持いい♪

ってゆーか、上からポタポタ、ポタポタしずくが落ちてくるので
けっこう濡れますw

ザックカバー、、つけるべき??

かたつむり

ねぇ、どう思います? かたつむりさん。



4.jpg

それにしても、右も左も前もうしろも、
葉っぱ、葉っぱ、葉っぱ天国!

ここをこうして歩くだけでも充分に価値がある。
・・ような気がする。


6

車葉草かと思ったけれど、葉っぱの数が違うみたい??


5

ぎ~~んの、りゅ~う、の~~~♪


7.jpg

小さな清らかな流れにうっとり。
しゃがんで手を晒してみたら、スーっと汗がひきました。


8

あ!いつのまにか晴れてきてるー!!(嬉)

晴れてきたし、でも、暑くないし、最高の天気です。
ここで一気にテンションアップw



9.png

小屋まではけっこう草臥れる長い長い道のりだけど
ドンドコ沢のコースは見どころ満載で、いろいろあって楽しいです。

五色滝は水量が多くて迫力満点。

見た瞬間、思わず「おおおお!!」

なぁんて、叫んでしまいました。


10.png

この角度からもまたステキ!



11.png

標高があがるにつれて、植生もだいぶ変わってきました。
高いところに来たんだなぁ~という、実感。

そして、もうすぐ小屋に着くのかな?
というわずかな、ほのかな、そんな期待w

(もうけっこう疲れちゃってますw)


12.jpg

まぁ、そーゆー期待は破られてしまうわけで・・w

ここから小屋まではもうしばらくかかったりするわけで・・w



出たーーーーー!

目指すピークも現れました。


13.jpg

とびきりの癒し系♪


14.jpg

そしてそして、森の奥に、ついに見おぼえのある建てものが!


15.jpg

わーい!着いた~!なつかしー



あれ?お留守かな?
今日はどなたもいらっしゃらないのかな?

すると、、

小屋のスタッフさんたちはお布団干しの最中でした。

こんにちはー!

少しだけお話をするコトができました。

17.jpg


キバナノアツモリソウというそうです。
女の子がそう教えてくれました。

きれいですねー。おもしろい形をしてて。

私には
「大きな帽子にヒラヒラのドレスをまとった貴婦人」
のように見えました。

あ、ちなみに食虫植物ではないそうですよ。



16.jpg

お気に入りのテラスのすみに腰を下ろして小休止。

去年訪れたのは9月。
あのときここでいただいたコーヒーは絶品でした。


今回は日帰りなのであまりゆっくりできなくて残念だけど、
それでもしばらくボーっとしました。

(このまま、ここで、寝ていたい。。。)



ちょっと立ち寄っただけなのに、
出発のときにはスタッフさんが手を振って見送ってくださって、
なんだか感動。


お世話になりましたーーーー!!

そのうちまた、ぜったい来まーーーす!




<つづく>

(山のレポはやっぱり長いw)

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ





Posted at 23:59 | やまあるき | COM(0) |
2011.07.06

シマヘビ踏んじゃうとこだった




約2週間ぶりにMTBに乗りに行ってきましたー


やっぱりこの時期里山走ると汗ビッショリになりますね~

Tシャツがえらいコトになっていましたw
舗装ののぼり=休んでばっかりw



夜にはホタルが舞う小川。

DSCN0900.jpg

昼間ホタルは草むらの中でジっとしているのかな?

暑くてよく眠れない。。だとか、
そーゆー悩みはないんだろうか?w



超低速走行で峠にやっとたどり着いたら、
そこにはなんとも心地良い風がヒュ~っと

吹いていました。

やっぱいいな~自転車は♪



山に入ればいろんな花がお出迎え。

DSCN0922.jpg



あと、もうちょっとで、花開きそうなコアジサイ。

開花未満のこの色も、これはこれできれいカモ♪

DSCN0910.jpg



岡虎ノ尾の白い花は、ハッキリくっきりとても鮮やかな印象で。

DSCN0924.jpg



なぁんて、また、植物観察しながらのんびり登っていたら
なんとなく空がどんよりしてきました。

ありゃ、夕立ナンテいやですヨ。。。w

くもゆきが



そそくさと下って終了~~

ひさびさにのぼってくだって、汗をかいたらすっきりしました。

MTBさまさまデス♪

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Posted at 23:59 | MTBのコト | COM(0) |
2011.07.02

近所を徘徊



きのうとおとといとその前の日の、計3日間。
気まぐれで出勤前にかる~く散歩をしてみました。

家のまわりをだいたい45分くらいずつ。
ひとりでのんびりトボトボと。


運動不足の解消が目的で!!



・・というにはあまりにも緩すぎる内容ですがw

朝歩くのは気持ちいいです♪
なかなか良い気分転換になったりします♪



45分のあいだにはけっこういろんな
出会いやオドロキがあって、

例えばきのう、植え込みの脇を通ったときには
カナヘビが日向ぼっこしてました。
大きいのが1匹と小さいのが2匹。
山に行くと、きれいな色のトカゲはときどき見かけるけれど
カナヘビはひさびさ見ました。
あっという間に姿を隠しちゃったケド。



おとといはアオスジアゲハと
あ、スズメバチも飛んでいました(汗)

それからセアカトナカイムシ(←まだ言ってる)
のような虫とか、いろいろと。



道沿いの花や葉っぱも良く見ると個性豊かで面白い。
複雑なカタチをしている植物だとか見たことのないかわいらしい花だとか、

昔から虫とか鳥は好きなほうだったけど、
いつからこんなに植物に興味を持つようになったんだろか?w

家のまわりで朝からこんなに楽しめちゃって、ちょっと得した気分ですw



今日はオヤスミ。
山サイに行きましょーというお話が出てたのですが
天候があやしかったので残念ながら延期することになりました。


朝起きたらとりあえず雨は降っていなかったので、
ほんのちょっとだけMTBに乗ってきました。

あてもなく走り出して、テキトーに角を曲がって、
気がついたら小学校のときの通学路をなぞっていたりなんかして。


お、そうそう、こんな道だった!

そうそう、ここも! 懐かしい♪


とあるお寺の前を通過したときに、
ある「悲劇」を思い出しました。

あれは確か3年生のときのこと。

給食で出たケーキを持って家まで帰る道すがら、、
(当時クリスマスにはショートケーキが給食に出たんです)



石につまづいて
うっかりコケてしまいましてん。アイタタタ、、、

で、

大切なケーキがグシャリ(泣)

まるで漫画のようでしたw



というのをさっき、
まさにその「現場」で思い出しましたw

たった20分走っただけで雨が降り出したので撤収~~

でもなかなか楽しかったデス。

さて、このあとはなにしよう?



イイネ!

カレンダーをめくったら八ヶ岳が現れました♪


かっちょいい!


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ








Posted at 09:01 | みぶんるい | COM(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。